現在の場所

輝け和泉市ひろみち通信:2009年11月1日~15日

2009年11月13日

昨夜からの雨は上がりましたが、今日はどんよりとしたお天気が一日続きそうです。
昨日、一昨日と、関空についての国への要望のため上京しておりましたが、昨日の東京は、オバマ米大統領初来日を控えているため厳戒態勢でした。日米協調して、景気回復や平和外交の展望を示してくれることを期待しております。
さて、今日は朝から、和泉市内バス運行連絡協議会が開催されました。
この協議会では、南海バス株式会社様と和泉市との連携によって、市民の皆様の利便性を確保するため、公共交通機関のあり方を議論しております。
本日は、3年に1度のコミュニティバスの再編についての報告がありました。
再編に際しては、事前に町会連合会から提出された要望を参考にして、より効果的な路線の変更やダイヤの変更などについての検討がなされます。
午後は、平成22年度大阪府当初予算に対する和泉市の予算要望を大阪府議会に説明するため、府庁を訪れます。
今日も120%主義で、充実した一日を楽しみましょう!

2009年11月12日

昨日、関空国際空港の国要望のため、泉州9市4町の首長さん等とともに、国土交通省と参議院会館に出向き、前原国土交通大臣、辻元国土交通副大臣、長安国土交通大臣政務官にお会いさせていただいて、関空のハブ空港化を訴えて来ました。
先日、橋下知事のコメントにも「国家戦略的ビションなしに関空の存続はあり得ない」とありましたが、我々泉州地域の首長も同じ思いです。
関空に路線を集約して、国際ハブ空港とすることが、関西だけではなく、日本の航空行政の発展に繋がると考えております。
今日は、羽田空港でハッピを着て関空の宣伝を行います。
これまでは、関西の3空港の役割分担を論じてきましたが、いよいよそれぞれが存続をかけて、真剣な議論を交す時期になったようです。

羽田空港での関空の宣伝の様子

2009年11月11日

昨日からの雨がまだ残っています。
今日は朝から、「泉州市・町関西国際空港対策協議会」の国要望で、泉州9市4町の首長さん等とともに上京いたします。
関空に関する環境問題及び泉州の地域振興を図るため、地域整備をはじめとする関連事業について、泉州9市4町の意見調整、関係機関への要望などを目的に設置された協議会で、国・府・関空等への要望活動、関空の利用促進PR、関空をインパクトにした泉州地域の振興施策等を行っています。
関空は平成19年8月、2本目の長距離滑走路の完成以来、発着便数、旅客数とも順調に伸びてきていました。しかし、航空機の燃料費値上がりや、昨秋以降の世界的な経済危機に直面し、国内便の減少によりハブ空港としての機能が低下してきています。
そこにもってきて、前原国土交通相による羽田ハブ空港化の発言です。
関空を泉州と共存共栄で発展するハブ空港をめざしている私たち泉州地域の首長としましては、なんとしてもこの事態を打開しなければなりません。
今日の国要望でも、120%主義で関空のハブ空港化に向け、訴えて参ります。
今日も120%主義で、充実した一日を楽しみましょう!

2009年11月10日

昨日の決算審査特別委員会で、20年度の一般会計決算が不認定との議決でした。
決算審査の不認定は和泉市制始まって以来とのことで、私としては誠に遺憾ではありますが、マイナスをプラスに変えるの信念のもと、和泉市改革のチャンスと捉えて今後の対策に取り組みたいと思います。
不認定に至った理由の1つは、都市計画道路上伯太線の架橋工事の手続き等について、不適切であるということです。
この工事は平成19年9月に最初の契約が交わされており、現在、法令遵守等対策会議を立ち上げ、その当時にさかのぼって原因を究明しております。
市議会や市民の皆様にご納得いただけるようすべての情報を包み隠さず公開するよう指示を出しています。
今日は午前中、数件の打合せがあり、11時から平成21年度納税表彰式に出席いたします。
また午後2時からは和泉市老人クラブ連合会と和泉市社会福祉協議会の共催による第1回和泉市シニア社交ダンスパーティに参加いたします。
モダン、ラテン、ワルツ、タンゴ、ルンバなど本格的なプログラムです。
Shall we ダンス?」が公開された後、社交ダンスブームが巻き起こり、ダンス人口も増えてきているようです。
シニアの方々の日頃の成果を拝見させていただくのが楽しみです。
今日も120%主義で、充実した一日を楽しみましょう!

2009年11月9日

昨日、和泉シティプラザ弥生の風ホールで、和泉市交響楽団の定期演奏会が開催されました。
和泉市交響楽団は、本年で30周年を迎えます。30年の長きにわたり、フルオーケストラという大きな組織を維持継続し、発展させるのは並大抵のことではありません。楽団長様をはじめ、団員皆様、ボランティアの皆様方に心から敬意を表したいと思います。
堺市より南でフルオーケストラを有している自治体は、堺市、和泉市、泉佐野市の3市だけだそうです。演奏のレベルも年を追うごとに上がってきているようですし、和泉市の誇りですね。
また先週末には、和泉市の目安箱である「いずみ箱」が、市役所、和泉シティプラザ、南部リージョンセンター、鶴山台サービスセンター、オークワ和泉中央店、オークワ和泉納花店、スーパーサンエー光明台店の市内7ヵ所に設置されました。できるだけ人が集まるところに設置したかったので、スーパーさんにお願いしたところ、オークワさんとスーパーサンエーさんがご協力くださいました。本当にありがとうございます。
「いずみ箱」に投函されたすべての投書は、私の手元に直接届けられます。
今日は決算審査特別委員会の最終日です。本当に委員の皆様には、長期間にわたりご審査いただき、心より感謝申し上げたいと思います。
今日も120%主義で、充実した一日を楽しみましょう!

2009年11月6日

今日も素晴らしい秋晴れです。
決算審査特別委員会も本日で、3日目を迎えます。
今日は農林水産費、商工費、土木費をご審査いただきます。
昨日の衛生費の中で、委員さんから和泉市立病院の経営状況に関する厳しいご意見をいただきました。
地域医療を守るため、職員一丸となって昼夜を違わず経営改善に取り組んでいるにも関わらず、まだまだ行く道の険しさを感じます。
しかし、経営改善の種まきは着実に行われており、いつか芽が出て、実をつける日が必ず来るはずです。
今回のご意見で、それまでの地道な努力をさらに行わねばと気持ちを引き締めていただきました。
決算審査特別委員会では、本当に和泉市の将来を考えてくださる前向きな意見が多く、改めて議会と行政は車の両輪との思いを強くしています。
今日も120%主義で、充実した一日を楽しみましょう!

2009年11月5日

善正町の国華園において行われる「日本菊花全国大会」も今年で26回目を迎えます。
この大会のため、日本中から審査員の方々が善正町に駆けつけ、早朝から菊の審査を行ってくださっています。
私もこの日本菊花全国大会の大会長と名誉審査長を仰せつかっており、本日は朝7時に審査会場にお伺いし、審査員の皆様方にお礼の挨拶をさせていただきました。
春の桜に対して、菊は日本の秋を象徴する花とされています。それは鎌倉時代の初め、後鳥羽上皇が菊の花を好み、菊紋を天皇家の家紋とした頃からだそうです。
菊の栽培が盛んになったのは江戸時代初めからで、多くの品種が生み出され、品評が行われるようになりました。
花型としては厚物、管物、大掴み、一文字などがあり、「三段仕立て」などの仕立ての様式やその丹精の仕方なども発達し、様ざまに仕立てられた菊が今年も大会に出品されていました。
広い会場一杯に並べられた作品は、どれも甲乙つけられないほど素晴らしく、まさに出品者の意気込みが伝わってくる気迫を感じました。
今日も120%主義で、充実した一日を楽しみましょう!

日本菊花全国大会の様子

2009年11月4日

今日はさわやかな晴天に恵まれました。
11月3日、文化の日は、弥生の風ホールで「和泉市民文化祭」の式典が開催され、出席させていただきました。
「和泉市民文化祭」は、この日を中心に1ヵ月間にわたって行われ、日頃から文化活動を楽しんでおられる市民の方々に、様ざまな作品や演技をご披露いただきます。
また、市民文化祭式典では、体育・文化振興に功績のあった方に対し功労賞が贈られました。
芸術的また文化的な活動は、それに携わる人の人生に潤いや喜び、そして生きがいを与えるとともに、周りに感動を与えたり、出会いの場となる役割を果たします。
市民文化祭が成果の発表の場としてだけではなく、新たな出会いや感動の機会を創出する場となることを願っております。
今日は、朝から平成20年度決算審査特別委員会が開催されます。
決算審査は、すでに執行した事業の審査を行うのですが、ここで出された意見が来年度、つまり平成22年度の予算編成に反映されることとなります。
会期は今月10日までです。一般傍聴も受け付けておりますので、市政を身近に感じていただく機会として、ぜひ一度、傍聴においでください。
今日も120%主義で、充実した一日を楽しみましょう!

和泉市民文化祭の様子

2009年11月2日

昨日は、消防団の皆さんのご支援により市内各地で防災訓練があり、私は光明台中学校での地域防災訓練に参加させていただき、バケツ消化リレー、消火器やAEDの使用訓練などを拝見させていただきました。
今年、台風9号によって兵庫県佐用町は大変大きな被害を受けました。
また、一時は大阪に上陸すると言われた台風18号接近の際には、和泉市でも災害警戒本部を設置するなどし、防災・減災のために体制を整えました。
幸い和泉市では、これによる大きな被害が出ませんでしたが、災害はいつどこでどのような形で、私たちに牙を剥いてくるかわかりません。
そして、近い将来に発生すると指摘されている南海地震と東南海地震の2つの巨大地震に備えるためにも、防災対策を進めていく必要があります。
防災では初期活動がもっとも重要とされています。「自分たちの地域は自分たちで守る」を合言葉に、地域防災意識の向上を図っていきたく思います。
この日午後からは、午前中の晴天が嘘のように天候が下り坂となり、夕方には強い雨が降ってきました。
そんな中、「信太の森芸能祭」と「高校軽音フェスタin弥生の杜2009」がそれぞれ鶴山台南小学校と池上曽根遺跡史跡公園で開催され、雨にもかかわらず、多くの芸術、音楽を愛する方々のご参加のもと、盛大に開催されました。
私もボランティアでイベントを何度か主催したことがありますが、天気が何よりの気がかりです。
今回はあいにくの雨でしたが、「雨でもたくさん来てくれてありがたい。」、「恵みの雨と思って頑張ろう。」などと檄を飛ばして祭典を盛り上げてくださった皆様方には、心より敬意を表したいと思います。

防災訓練の様子

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ先
〒594-8501
大阪府和泉市府中町二丁目7番5号
和泉市 市長公室 秘書課
電話:0725-41-1551(代表) 0725-99-8166(直通)
ファックス:0725-45-9352
メールフォームでのお問い合わせ
輝け和泉市ひろみち通信(市長のブログ)

ページの先頭へ