現在の場所

輝け和泉市ひろみち通信:2010年10月

2010年10月19日

おはようございます。
朝方は、めっきり涼しくなってきました。
昨日、和泉市立病院のがん治療に係る緩和ケア病棟「いずみ」がオープンいたしました。
がんが日本人の疾病による死亡の最大の原因となり、生命及び健康にとって重大な問題となっている中、国は平成19年に「がん対策基本法」を策定しました。
そのがん対策基本法の基本理念は、患者が居住する地域にかかわらず等しく適切ながん医療を受けることができ、患者の置かれている状況に応じ、本人の意向を十分尊重してがんの治療方法等が選択されるようにがん医療体制を整備するとなっていますが、現状は十分ではありません。
そのような状況下、和泉市立病院は今年7月にがんセンターを開設し、泉州地域のがん治療の充実に向けての取り組みを始めました。
和泉市立病院の緩和ケア病棟では、終末期治療のホスピスとは違い、初期段階からの入院を前提としています。
がん患者さんやそのご家族のストレスは、我々の想像を絶するものがあります。
そのストレスを少しでも解消するお手伝いをし、生きる力を育み、命を輝かせる治療を提供できればと考えています。
まだオープンしたばかりで試行錯誤の連続ですが、和泉市立病院の医療スタッフ全員、使命感に燃えて取り組んでおります。
がんで最も大切なことは、早期発見早期治療です。どうか皆様には、定期検診を欠かさずお受けいただきますようお願いいたします。
今日も120%主義で、充実した一日を楽しみましょう!

2010年10月4日

おはようございます。
すっかり秋らしくなりましたが、昨日、今日とあいにくの雨模様です。
昨日の日曜日は、第40回横山体育祭が槙尾中学校で開催されました。
青年団主催の同体育祭は、校区を盛り上げる一大イベントで、各町老若男女がこぞって参加され会場は熱気にあふれていました。今回の体育祭のテーマは「挑戦」とのことで、奇しくも私の今年の抱負と同じです。豊かな自然や郷土愛あふれる地域住民のパワーで、更に横山校区を発展させようという意気込みを感じさせられました。
午後からは、和泉市立病院の緩和ケア病棟「いずみ」の内覧会が行われました。
公私お忙しい中、医師会や医療関係者の皆様をはじめ、和泉市議会の議員の皆様にもご列席をいただき、盛大に開催することができました。
この緩和ケア病棟では、がん患者の方々の治療を行います。成人の2人に1人が、がんに罹患するといわれる状況の中で、更なる治療の充実が求められています。
和泉市立病院では、本年7月に腫瘍内科を開設し、この緩和ケア病棟がオープンすることで、がんセンターが本格的に稼動できるようになります。医療スタッフ一丸となって治療に取り組みますが、がんの治療では早期発見が何よりも重要です。どうか皆様には、定期的ながん検診をお願いしたく思います。
今日も120%主義で、充実した一日を楽しみましょう!

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ先
〒594-8501
大阪府和泉市府中町二丁目7番5号
和泉市 市長公室 秘書課
電話:0725-41-1551(代表) 0725-99-8166(直通)
ファックス:0725-45-9352
メールフォームでのお問い合わせ
輝け和泉市ひろみち通信(市長のブログ)

ページの先頭へ