現在の場所

輝け和泉市ひろみち通信:2011年7月

2011年7月29日

おはようございます。
昨日、第11回和泉市国際少年サッカー招待試合が開催され、韓国から2チーム、近畿圏から22チームの合計24チームで熱戦が繰り広げられました。
先般のFIFA女子ワールドカップドイツ2011で「なでしこジャパン」が優勝して、日本サッカー界は大変盛り上がっています。
アジアにおいては、アジアチャンピオンズカップが開催されており、9月には準々決勝が行われます。
その準々決勝に、日本からは1チーム、韓国からは3チームが出場し、11月に決勝戦が行われます。
この度の招待試合は、サッカーを通じて草の根的な国際交流を図っていく目的で開催され、今年で23年目を迎えます。
その間、ご尽力いただいた役員並びに関係者の皆様に、心から感謝申し上げます。
今日の夜は、泉州国際市民マラソン実行委員会が堺市で行われます。
本年から従来4時間30分であった制限時間が、5時間に延長される予定です。
私は過去5回フルマラソンを完走しましたが、40歳を過ぎてから一度も完走しておりません。時間が許すなら、是非今回チャレンジしたく思っています。

2011年7月27日

こんにちは。
昨日の午後、和泉保健所運営協議会に出席して、生食用食肉による食中毒予防に関して説明を受けました。
テレビの報道でご存知のとおり、と畜場から出荷されている牛の肉は、生食用としての国の基準を満たしていません。従って、本来、飲食店でユッケが出されること自体おかしいのですが、新鮮な肉の表面を熱処理するなどして生肉用として提供されていたようです。
しかし、処理過程で同じまな板、包丁を使うので、菌が肉とまな板、包丁を行ったり来たりということになりかねず、腸管出血性大腸菌が付着したままになることもあるのですが、この菌がわずかでも付いているだけで、死亡や腎不全など極めて大きな影響をもたらす力があるので非常に危険だということです。
バーベキューなど行う機会には、生肉に触れた箸、トングなどの扱いにくれぐれも気を付けてください。
本日の午後は、和泉市赤十字奉仕団の総会で東日本大震災での日本赤十字社大阪府支部の活動についてのご講演をお聞かせいただきます。震災に関する有意義な意見交換を行いたく思っております。

2011年7月25日

こんにちは。
昨日の午前9時、バスで南三陸町から帰って来ました。
画像は、復旧した水道管と町役場があった志津川地区から見た港の現状です。
22日金曜日の午前中、和歌山県庁で国道480号和泉市-かつらぎ町間の早期完成にむけた要望活動を行った後、JR和歌山駅から電車を乗り継いで、午後9時に一関のホテルでボランティアの皆様と合流しました。
23日土曜日午前6時過ぎにホテルを出発し、8時過ぎから南三陸町災害ボランティアセンターで南三陸町社会福祉協議会の方からお話を聞かせていただき、9時から佐藤南三陸町長とご面談させていただきました。
町役場や公共施設までもが壊滅的な被害を受け、行政機能が完全に失われた中での救援・復旧活動は、極めて困難な状態だったとのことです。
大規模災害では、外部からの救援活動が行われるまでに、数日間を要するため、被災直後の行政機能の確保や避難所へのスムーズな救援物資の搬送等が重要であるとのことです。
復興に関しては、当面の電力供給が震災前の3分の1しかないため、産業復興の見通しが立たず、職を求めて町民が流出するという現象も生じています。
また、テレビで映されている陸の瓦礫のおよそ3倍の量の瓦礫が海中に流されているため、漁船を用意できても安全に航行できない状況だそうです。
原発問題と復興支援が同テーブルで議論され、政府の対応が慎重になっているので、迅速かつ適正な支援が行われていない状況です。
町民、ボランティア、行政の連携はうまく機能しだしているのですが、政府の対応が不十分なので長期的な復興計画が遅々として進んでいないと苛立ちを隠せない様子でした。
そのほかにも現状についていろいろお聞かせいただき、その後ボランティアの現場へと向かわせていただきました。
この日は、和泉市社会福祉協議会から参加したボランティアの皆様は3班に別れ、回収した写真の整理、役所の書類の洗浄、支援物資の片付けなどを行いました。私は3班すべてに激励をさせていただいたのち、体育館での支援物資片付けに合流させていただきました。
支援物資の片付けをしている最中に地震が発生し、一瞬騒然となりましたが、幸い大事には至らず作業を進めることができました。
後で聞くと震源地付近は震度5強、私たちのところでも震度4の揺れだったそうです。
バスでの長距離移動に加え、現地では危険と背中合わせの過酷なボランティア活動ではありますが、参加された皆様は驚くほどパワフルで、和やかなうちに全員無事帰宅することができました。今回のボランティアバスには、徳島県、和歌山県、京都府、奈良県からもご参加いただき、参加者皆様から和泉市社会福祉協議会に対し、バス運行への感謝のお言葉もいただきました。
参加者皆様をはじめ、バスを運行くださったバス会社、2名の看護士さんを派遣してくださった社会福祉法人、そして一生懸命お世話くださった和泉市社会福祉協議会のスタッフ皆様に心から感謝を申し上げます。 

志津川地区から見た港

2011年7月22日

おはようございます。
和泉市社会福祉協議会(以下、社協)が被災地支援活動を行うため、ボランティアバスを運行し、昨夜、36名のボランティアの皆様が宮城県南三陸町へ出発しました。
私にも社協から同行要請をいただき、現地ボランティアセンターの運営や被災時のボランティア組織と行政との連携等について学べればと参加させていただくことにしました。
しかし他の公務との関係で、私は本日の出発となり、到着後、行動をともにさせていただき、24日に皆さんと一緒にバスで帰ってくる予定です。
事前の説明会では、被災された方々に向き合うために必要な心構え等を学びました。
現地は、「被災地」ではなく、「故郷・わが街」であり、倒壊した建物は「がれき」ではなく「帰るべき我が家」であり、「ゴミ」なんて一つもなく一つ一つが「かけがえの無いもの」であるという、被災された方々の目線で考えるということを再認識させられるものでした。
ボランティア活動をスムーズに行えるよう先発隊として、現地入りした社協の職員からの報告では、今でもテレビや新聞で見るより何倍も厳しい状況だとのことです。
ボランティアの皆様とともに南三陸町の一日も早い復興を心より願い、出発することとします。

2011年7月21日

おはようございます。
今朝もセミの賑やかな声を聞きながら、一日が始まりました。
台風6号に備えて立ち上げた災害警戒本部も、昨日の午前10時過ぎに解除いたしました。
数名の方が避難所で過ごされていましたが、その方たちも事なきに安心され帰宅されました。
今日は曇りで涼しく過ごしやすい一日の始まりですが、某新聞の朝刊には7月11日から17日の間に熱中症で病院に搬送された方が、昨年の3.6倍と報じられていました。
昨年の夏の暑さは記録的でしたが、今年はそれをさらに上回りそうです。
体質的に暑さに対して反応が少ない方もおられるそうなので、定期的に水分を補給していただくようご注意ください。
本日の午後は、和泉市老人クラブ連合会若手部会の設立総会が開催されます。
若手部会の対象年齢は60歳から70歳です。現在、和泉市では60歳以上人口の約50%は、70歳以下年代層の方で占められています。
老人クラブの皆様には、ふれあいづくり、生きがいづくり、健康づくりなどに大変熱心にお取り組みいただいておりますが、若手部会の設立によりさらに活性化が図られるものと期待いたします。

2011年7月20日

おはようございます。
大型で強い台風6号(マーゴン)は、時速約15キロメートルで東へ進み、20日昼前から夕方にかけて紀伊半島に最も接近するとのことです。
今のところ和泉市では、大きな被害が発生しておりません。
和泉市では、昨日の午後3時に災害警戒本部を設置し、午後6時から市内31か所の小・中学校に避難所を開設いたしました。
現時点で、大雨・洪水注意報は解除されましたが、暴風警報と雷注意報が引き続き出ておりますので、十分ご注意いただきますようお願いいたします。

2011年7月15日

おはようございます。
今日も快晴で、朝から入道雲が空に広がっています。
連日、最高気温が34度近くになっていますので、熱中症にはご注意ください。
和泉市では、本年、節電のためクールビズの期間を長くしましたが、さらに7月19日からは和泉市版スーパークールビズを実施することといたしました。
和泉市版スーパークールビズは、環境省が推進するスーパークールビズを少し変えたもので、ポロシャツは可ですが、アロハシャツやTシャツは不可です。また、チノパンは可ですが、半パンやサンダルは不可です。軽装にはなりますが、清潔かつ爽やかであることを心がけてまいりますのでよろしくお願いいたします。
また、6月から節電10%に取り組んできましたが、6月の実績では17%減を達成できました。
市民の皆様には、市役所の節電にご理解とご協力いただいておりますことに感謝申し上げますとともに、万一気分が悪くなられた場合は、お気軽に近くの職員にお声掛けいただきますようお願いいたします。

2011年7月12日

おはようございます。
昨日、大阪府咲洲庁舎において関西国際空港全体構想促進協議会の平成23年度総会が開催されました。
同協議会は、関空の全体構想の実現を目的に、関西の公・民が連携を密にして、協議・調整・国等関係機関等への働きかけを行うなどしています。
関西圏が世界に開かれた圏域として発展していくためには、関西国際空港をハブ空港として育成していくことが不可欠です。
関空の利用状況では、東日本大震災後の就航便数の落ち込みもようやく夏休みの旅行シーズンを前にして、回復基調にあるようです。
また、すでにLCC(格安航空会社)が5社8路線(週45便)、関空から就航していますが、国内航空会社初のLCCである全日空子会社のピーチ・アビエーションが、関空を拠点として国内線、国際線(中国や韓国)に各3~4路線程度の就航を、2012年3月に就航開始する予定です。
関空がアジアそして世界を結ぶゲートウェイとして発展を遂げるためには、自治体運営同様、公・民がともに知恵を絞り、汗を流して取り組まねばなりません。

2011年7月7日

おはようございます。
昨日からの雨で今日は涼しい一日になりそうですが、あいにくこの天候では「天の川」は見えそうにありません。
昨日のブログにも書いたように、昨日、トリヴェール和泉西部地区の株式会社デジタル様(以下、デジタル)を視察させていただきました。
徹底したデマンドコントロールによる節電や「TABLE FOR TWO」の実施など、先進的な取り組みが行われておりました。
TABLE FOR TWO」とは、開発途上国の飢餓と先進国の肥満や生活習慣病の解消に同時に取り組む社会貢献運動で、社員食堂で「TABLE FOR TWO」に認定されたヘルシーメニューを購入すると、1食の売上のうち20円が寄付され、この寄付金が開発途上国の子どもたちの学校給食1食分になる制度です。
またデジタルでは、和泉市が取り組んでいる「いずみいのちの森事業」の一環として、どんぐり選手権を実施していただいております。
それぞれの苗には植えた方の名札が付けられており、一番成長の早い苗を植えた人に賞品が贈呈されるそうです。
なお苗が成長した後は、和泉市にご寄贈くださいます。積極的に植樹事業にご協力いただいているデジタルの皆様に心から感謝申し上げます。

どんぐり選手権の写真

2011年7月6日

おはようございます。
今日は昼からトリヴェール和泉西部地区で操業されている株式会社デジタル様(以下、デジタル)を視察させていただきます。
デジタルでは、以前より経費削減に向けての管理システムに取り組んでおられ、かなりの実績を残されておられます。今回は特に節電について意見交換をさせていただこうと思っています。
現在、和泉市役所では、室内温度28度の徹底、冷蔵庫・電気ポットの利用抑制、蛍光灯の間引き、クールビズの実施などの節電に取り組んでいますが、それ以外に何ができるのかご指導いただければと思っております。

2011年7月5日

こんにちは。
今日は朝からNTT西日本南大阪支店の皆様が、新任の挨拶で和泉市役所をご訪問くださいました。
NTTは東日本大震災で6万本以上の電柱が流されたのですが、阪神淡路大震災での教訓を生かし、全国のNTTが力を結集し急ピッチで復興作業に取り組んでいるとのことでした。
今から88年前の大正12年に、関東大震災が発生しました。死者・行方不明者が10万人を超え、首都東京も壊滅的状態に陥る未曾有の震災でした。
その震災復興に尽力したのが、山本権兵衛内閣で内務大臣を務めた後藤新平です。
帝都復興院総裁も兼ねた後藤は、高まる遷都論を打ち消して、人心の動揺を鎮め、震災を機に東京を大改造し、欧米に負けない近代都市にすると打ち出しました。
防災力をつけるため、橋の鉄橋化や避難場所となる防災公園を充実したほか、延焼遮断帯としての道の役割に着目し、昭和通り、靖国通り、晴海通りなど幅40メートル級の道路整備を行うとともに震災で焼失した面積3,400ヘクタールを上回る3,600ヘクタールにも及ぶ区画整理を断行したのです。
この大胆な事業を成し得た功績は、後藤の無私の精神によるところが大であったと言われています。
復興に向けては、政府のリーダーシップが問われます。まず政府がグランドデザインを示すところからはじめるべきではないでしょうか。
もちろん被災地の意見を聞くのは当然ですが、「知恵を出さないやつは助けない」では信頼関係は構築できません。国政に携わる政治家には、後藤のような無私の精神でこの未曾有の国難に取り組んでいただくことを期待します。

2011年7月1日

おはようございます。
今日は雨、暑い日の連続に一息つけそうです。
6月16日から開催された第2回定例会も今日が最終日です。
昨日終了した一般質問では、17名の議員さんからご質問を受けました。各質問は、多岐にわたる内容で、調査研究に基づく貴重なご提案や厳しいご指摘等もいただきました。
ご質問を受けることで気付かされた点も多く、今後はそれらの課題解決に向け、しっかりと取り組んでいかねばと思っています。
今日は朝から和泉府中駅前で行われる社会福祉協議会主催の「社会を明るくする運動街頭キャンペーン」に参加します。
今日も一日120%主義で、充実した一日を楽しみましょう!

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ先
〒594-8501
大阪府和泉市府中町二丁目7番5号
和泉市 市長公室 秘書課
電話:0725-41-1551(代表) 0725-99-8166(直通)
ファックス:0725-45-9352
メールフォームでのお問い合わせ
輝け和泉市ひろみち通信(市長のブログ)

ページの先頭へ