現在の場所

輝け和泉市ひろみち通信:2015年8月

2015年8月14日

 明日15日の終戦記念日で戦後70年を迎えます。

 先の大戦でお亡くなりになられました御霊のご冥福を心からお祈り申し上げます。

 70年の節目の年を迎え、政府の70年談話について注目が集まる中、連日、新聞やテレビでは特集が組まれ、様ざまな視点で戦後70年を振り返っています。

 あるニュース番組では、街頭インタビューで「8月15日は何の日」と問われ、答えられない人々の姿が映し出されていました。残念なことではありますが、それが現実なのかもしれません。

 和泉市には、18万7千人の市民の皆さんが暮らしています。そのうち、戦後生まれが約16万人。当時の戦争の記憶を留めていらっしゃる方々は年々少なくなっています。

  今、私たちが享受する平和と繁栄は、尊い犠牲の上に築かれていることを決して忘れてはなりません。

戦争を知らない世代だからこそ、今一度、歴史に学び、私たちは平和を守り続ける努力をし続けなければなりません。

 現在、いずみの国歴史館では、本市が所蔵する資料のほか、市民の皆さんから提供いただいた戦争や軍隊に関する資料を展示し、「戦後70年記念 戦争と和泉」と題して、夏季特別展を開催しています。

 展示期間中には、歴史講座等も開催しておりますので、ぜひともお立ち寄り頂ければと思います。

2015年8月13日

 こんにちは。

 今日からお盆に入ります。宗教の違いでお盆の過ごし方は人それぞれだと思いますが、私は今朝、早く起きて妻と一緒にご先祖の精霊をお迎えするため、お墓参りしてきました。

 お盆の正式名称は盂蘭盆会(うらぼんえ)と言い、お釈迦様の弟子である目連尊者(もくれんそんじゃ)が母を救った話に由来します。目連尊者が夏の修行を終えてから、餓鬼道に堕ちて苦しんでいる亡母を供養して、極楽浄土へ導いたと言い伝えられています。

 それ以来、お盆は先祖への報恩感謝を捧げ、供養を行う慣わしとなりました。

 何代にもわたるご先祖様がいて、その誰一人欠けていても自分が存在しないと考えると、今の自分自身の存在が奇跡的なことであると実感します。

 私にとって、お盆はそのことを見つめなおすいい機会となっています。与えられた命と、感謝の気持ちを大切にして、使命を全うしてまいりたいと思います。

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ先
〒594-8501
大阪府和泉市府中町二丁目7番5号
和泉市 市長公室 秘書課
電話:0725-41-1551(代表) 0725-99-8166(直通)
ファックス:0725-45-9352
メールフォームでのお問い合わせ
輝け和泉市ひろみち通信(市長のブログ)

ページの先頭へ