気象の知識

風と雨の力の強さと怖さを知っておくことが、被害を少なくするための第一歩です。

台風の大きさと強さ

台風とは、東経180度より西の北0太平洋海域に発生した、最大風速が17.2メートル毎秒以上の熱帯低気圧のことをいいます。台風の中心付近は気圧が極端に低いため、周りから猛烈な勢いで大気が吹き込み(吹き込む風は地球の自転の関係で左巻き)巨大な渦となります。台風の進路は太平洋高気圧の勢力によって変化するので、季節によってコースが異なります。台風の大きさは「強風域(風速15メートル毎秒以上の半径)」で決められ、強さは「中心付近の最大風速」によって決められます

大きさ
階級 風速15メートル毎秒以上の半径
大型(大きい) 500キロメートル以上~800キロメートル未満
超大型(非常に大きい) 800キロメートル以上
強さ
階級 中心付近の最大風速
強い 33メートル毎秒以上~44メートル毎秒未満
非常に強い 44メートル毎秒以上~54メートル毎秒未満
猛烈な 54メートル毎秒以上
1時間の雨量と降り方
1時間の雨量 雨の降り方
15~20ミリ 一面に水たまりができ、雨音で話し声が聞き取りにくい。
20~30ミリ どしゃぶりの雨で、側溝があふれ小さな河川は氾濫する。大雨注意報が出る。
30~50ミリ バケツをひっくり返したような激しい雨で、大雨警報が出る。山崩れやがけ崩れが起こリやすく、場所によっては避難の準備が必要。
大雨洪水
注意報 警報
1時間雨量20ミリ以上で総雨量50ミリ以上
3時間雨量40ミリ以上
24時間雨量が70ミリ以上の
大雨により、災害が予想される場合。
1時間雨量40ミリ以上で総雨量が100ミリ以上
3時間雨量が70ミリ以上
24時間雨量が130ミリ以上の
大雨により、重大な災害が予想される場合。
注意報 警報
(強風注意報)
平均風速が陸上で12メートル毎秒以上、海上で15メートル毎秒以上の強風により、災害が予想される場合。
(暴風警報)
平均風速が陸上で20メートル毎秒以上、海上で25メートル毎秒以上の暴風により重大な災害が予想される場合。

風の強さと被害の程度

風の強さと被害の程度
風の強さ 被害の程度
13.9~17.2メートル毎秒未満(風力7) 傘がさせず、取り付け方の悪い看板などは飛ばされる。
17.2~20.8メートル毎秒未満(風力8) 小枝などは折れる。大人はかろうじて歩けるが、子供は飛ばされそうになる。
20.8~24.5メートル毎秒未満(風力9) テレビアンテナは倒れ、屋根瓦が飛ばされる。
24.5~28.5メートル毎秒未満(風力10) 樹木は根こそぎ倒され、建て付けの悪い家などは壊れる。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
「ツイート」や「いいね!」ボタンの説明は「ソーシャルプラグインについて」をご覧ください。
お問い合わせ先
和泉市消防本部・和泉市消防署
〒594-0054
和泉市一条院町140番2号
電話:0725-41-0119(代表)
ファックス:0725-45-5155
メールフォームでのお問い合わせ
Loading
文字サイズ変更
文字サイズを標準にする
文字サイズを拡大する
メニュー