日ごろの備え

突然の災害に立ち向かうためには、日ごろからできる限りの備えを講じておくことが大切です。
いざというときのための心がけと万全の準備をしておきましょう。

1.家庭での防災会議

家族の防災意識を高めるために「家族防災会議」を開きましょう。
定朋的な話し合いで一人ひとりが各自の役割を果たせるように、そして適切な行動をとれるようにしておきましょう。

  • 家族同士の連絡方法
  • 家族の集合場所
  • 避難場所の確認
  • 非常持出品の分担
  • 火の始末の担当

家族での防災会議のイラスト

2.非常時に役に立つもの

非常持出品は、ひとつにまとめてすぐ取りだせる場所に保管しておきましょう。

非常時持出袋のイラスト

貴重品のイラスト

貴重品
印鑑、預金通帳、保険証、現金(小銭も)など

懐中電灯のイラスト

懐中電灯(予備の電池も)

非常食品のイラスト

非常食品、水
缶詰、乾パン、ビスケット、チョコレート(火を通さなくても食ベられるもの)、ミネラルウォーター

応急医薬品のイラスト

応急医薬品
消毒薬、傷薬、胃腸薬、鎮痛・解熱剤、ばんそうこう、包帯、ティッシュ、さらしなど

携帯ラジオのイラスト

携帯ラジオ(予備の電池も)

衣類のイラスト

衣類
下着類、セーター、タオル、軍手など

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
「ツイート」や「いいね!」ボタンの説明は「ソーシャルプラグインについて」をご覧ください。
お問い合わせ先
和泉市消防本部・和泉市消防署
〒594-0054
和泉市一条院町140番2号
電話:0725-41-0119(代表)
ファックス:0725-45-5155
メールフォームでのお問い合わせ
Loading
文字サイズ変更
文字サイズを標準にする
文字サイズを拡大する
メニュー