現在の場所

ノロウイルスにご注意を

毎年、冬場になるとノロウイルスの感染による食中毒の発症者が増えますが、最近では、初夏にかけても集団発生の事例が報告されています。ノロウイルスについて知り、食中毒にならないよう注意しましょう。

注記:食品衛生法の改正に伴い「SRSV(小型球形ウイルス)は「ノロウイルス」と名称が変わっています

ノロウイルスとは?

ノロウイルスはヒトの腸で増殖するウイルスで、他の食中毒細菌と異なり、食品中では増えません。ヒトから排出されたウイルスは、河川を経て海にたどり着き、カキなどの二枚貝の内臓に蓄積されます。熱に弱く、十分な加熱で死滅するウイルスです。生カキが関与している割合が約半数を占めていますが、カキ以外の食品からの感染も確認されています。また、感染している人の便や吐物などからも感染します。便・吐物等の処理の際に、人の手・雑巾・バケツ・洗い場などが汚染され、それらを乾燥させるとウイルスが空気中に漂って手などを介し食品を汚染します。そして、汚染された食品を摂取することにより食中毒が発生することもあります。

ノロウイルスに感染すると?

ウイルスに感染した場合の症状が出るまでの潜伏期間は24~48時間で、主な症状は嘔吐と下痢で、発病当初に激しい症状をおこします。下痢・吐き気・腹痛・発熱(38度以下)など、風邪とよく似た症状です。一般的に軽症で2日から3日で回復しますが、回復後もしばらくウイルスの排出が続くので注意が必要です。感染しても全員が発症するわけではなく、発症しても風邪様症状ですむ人もいます。
抵抗力が落ちている人や乳幼児は発症しやすくなります。

ノロウイルスを予防しよう

  1. 手洗いの徹底
    ノロウイルスはアルコールや逆性石鹸などの消毒効果が期待できません。消毒薬の効かないウイルスは洗い流すしかありません。トイレの後、調理の時、食事の前には必ず手洗いをしましょう。
  2. 十分な加熱
    ノロウイルスは加熱により死滅します。カキ・アサリなどの二枚貝は中心部までしっかり加熱しましょう。(中心温度85度で1分以上)
  3. 二次感染を予防
    ウイルスに感染している人の便や吐物は、必ず手袋等を使用して処理し、乾燥させないように、早めにペーパータオル等で拭き取り、拭き取ったペーパータオル等は塩素系漂白剤(市販品約10倍に薄めたもの)で消毒し、ビニール袋等に入れて捨てましょう。また、下痢などの症状がある場合には、食品の取り扱いに従事しないようにしましょう。

ノロウイルス啓発リーフレット(PDF)(PDF:346KB)

関連リンク

ノロウイルスに関するQ&A(厚生労働省)

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ先
〒594-0071
和泉市府中町四丁目22番5号
和泉市 生きがい健康部 健康づくり推進室予防推進担当 保健センター
電話:0725-47-1551
ファックス:0725-46-6320

メールフォームでのお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へ