現在の場所

風しんの全国拡大への可能性があるためご注意ください

風しんが流行しています 特に30~50歳代の男性に多い

風しん(風疹、3日はしか)は、風しんウイルスによって引き起される発疹性疾患です。潜伏期間は2~3週間で、典型的な症状としては、発熱、発疹、リンパ節の腫脹があります。

妊娠初期に風しんウイルスに感染すると、胎児に高い確率で先天性風しん症候群(難聴・先天性心疾患・白内障及び網膜症など)を引き起こす事が知られており、注意が必要です。風しんの発症を防止するには、ワクチン接種が非常に大切です。

厚生労働省では、今後全国的に感染が拡大する可能性があるとして注意を呼びかけています。

厚生労働省「風しんとは」

国立感染症研究所 風疹Q&A

 

風しんや先天性風しん症候群の有効な予防策は予防接種です。

和泉市では、対象者に成人風しん予防接種費用の助成を行っています。

詳しくは、下記のリンク先 「成人風しん予防接種費用の補助金について」をご参照ください。

成人風しん予防接種費用の補助金について

 

今後の先天性風しん症候群の発生を抑止するため、大阪府においては対象の方に対して風しん抗体検査を行っています。

詳しくは、下記リンク先「大阪府【大人の風しん対策】先天性風しん症候群対策事業について」をご参照ください。

大阪府【大人の風しん対策】先天性風しん症候群対策事業について

【大阪府】風しんについて

風しんの届出数の増加に伴う注意喚起の通知

厚生労働省 通知(PDF:91.6KB)

大阪府 通知(PDF:83.8KB)

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ先
〒594-0071
和泉市府中町四丁目22番5号
和泉市 生きがい健康部 健康づくり推進室予防推進担当 保健センター
電話:0725-47-1551
ファックス:0725-46-6320

メールフォームでのお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へ