現在の場所

熱中症にご注意ください

体が熱さに慣れていない6月や急に暑くなる7~8月にかけて多発する熱中症。
異常に気温・湿度が高い日が続く、風が弱い、日差しが強いなどの環境で起こりやすく、症状が重くなると生命へ危険が及ぶことがあります。

室内で安静にしていても、熱中症になる場合があります。 

  • 急に暑くなった日は要注意です!
  • 特に高齢者は温度変化や喉の渇きに気づきにくく、脱水症状を起しやすいので注意が必要です!
  • 予防のために意識してこまめに水分をとりましょう。

必ずしも気温が高い状態でなくても、健康状態やスポーツによる体調変化、水分補給の状態、高齢者・小児・肥満の人・普段から運動不足の人など熱中症を発症することがあります。
 

予防対策の6カ条 

正しい知識や適切な対処方法をもち、健康管理に気をつければ、熱中症は予防できます。

  1. 日陰を味方に・・・外を歩くときは日陰を選び、直射日光を避けましょう。室内はすだれやカーテンなどで直射日光を防ぎ、風通しをよくする工夫を。
  2. 服装に工夫を・・・吸湿性と通気性に富んだ衣服で。外出の際には帽子や日傘もお忘れなく。
  3. 水分を上手に補給・・・渇きを感じる前に早めに補給しましょう。汗をたくさんかいたときは、塩分もあわせて補給を。
  4. 適度に汗をかく習慣を・・・発汗機能が正常に働くように、日頃からウォーキングなどの運動や入浴などで汗をかく習慣をつけておきましょう。
  5. 体調と服薬の管理を・・・1日3食、栄養のバランスのよい食事と十分な睡眠を。持病があり薬を飲んでいる人は、暑い場所での活動を減らすことも大切です。
  6. 室内の温度・湿度管理を・・・クーラーは28℃くらいに設定し、ドライ機能なども上手に活用を。冷房は強すぎると外気温との差が大きくなり、出入りの際に体への負担になります。

 下記の関連リンクを参考に、正しい予防法を身につけ、楽しく元気に夏を乗り切りましょう。

大阪府「熱中症には気をつけて」

環境省熱中症予防情報サイト

熱中症環境保健マニュアル

厚生労働省「職場における熱中症の予防について」

天気予報・気象情報

熱中症に気をつけよう!!

大阪府 熱中症患者等による搬送人員数(速報値)

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ先
〒594-0071
和泉市府中町四丁目22番5号
和泉市 生きがい健康部 健康づくり推進室健康増進担当
保健センター
電話:0725-47-1551
ファックス:0725-46-6320

〒594-0041
和泉市いぶき野五丁目4番7号
和泉市 生きがい健康部 健康づくり推進室健康増進担当
保健福祉センター
(和泉シティプラザ南棟2階)
電話:0725-57-6620
ファックス:0725-57-6623

メールフォームでのお問い合わせ

ページの先頭へ