現在の場所

インフルエンザを予防しよう

寒くなるとインフルエンザが流行してきます

市立幼稚園、小・中学校のインフルエンザ臨時休園(校)状況

1.インフルエンザと風邪は違う病気です

一般的に、風邪は様々なウイルスによって起こりますが、 普通の風邪の多くは、のどの痛み、鼻汁、くしゃみや咳などの症状が中心で、全身症状はあまり見られません。発熱もインフルエンザほど高くなく、重症化することはあまりありません。
一方、インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身倦怠感等の症状が比較的急速に現れるのが特徴です。併せて普通の風邪と同じように、のどの痛み、鼻汁、咳などの症状も見られます。
お子様ではまれに急性脳症を、ご高齢の方や免疫力の低下している方では肺炎を伴う等、重症になることがあります。



 

インフルエンザと風邪の違い

  インフルエンザ 風邪
感染力 強い 短期間のうち広範囲に流行 弱い
症状

38℃以上の発熱やせき、のどの痛み、

全身の倦怠感や関節の痛みなどの全身症状。

鼻水やのどの痛みなどの局所症状が中心。
経過

日本では例年12月~3月流行シーズンです。

一年を通しかかります。

 

2.インフルエンザにうつらないために

  • 人が多く集まる場所から帰ってきたときは、しっかり手洗いをしましょう
  • アルコールを含んだ消毒液で手を消毒するのも効果的です。
  • 普段からの健康管理も重要です。栄養と睡眠を十分にとり、抵抗力を高めておくこともインフルエンザの発症を防ぐ効果があります。

また、予防接種も重要です。

  • 予防接種は発症する可能性を減らし、もし発症しても重い症状になるのを防ぎます。
  • ただしワクチンの効果が持続する期間は、一般的には5か月ほどです。
  • また、流行するウイルスの型も変わるので、毎年、定期的に接種することが望まれます。

      

予防接種について

 高齢者や心臓や腎臓に持病をお持ちの方は、インフルエンザワクチンの接種が重症化を防ぐのに有効です。
ワクチン接種による効果が出現するまでに2週間程度を要するため、12月中旬までにワクチン接種を受けることが望ましいです。
ただし、接種の効果には個人差があり、副反応がでることもありますので、ワクチン接種の際には、医師にご相談ください。

 なお、高齢者(原則65歳以上)がインフルエンザの予防接種を希望する場合は、予防接種法(定期の予防接種)の対象者として接種を受けることができますが期間は、平成30年10月1日~平成30年12月31日までとなっております。

 

3.インフルエンザにかかったら

目安として、比較的急速に38℃以上の発熱があり、せきやのどの痛み、全身の倦怠感を伴う場合はインフルエンザに感染している可能性があります。こういった症状がある場合は早めに医療機関を受診しましょう。

注意が必要なのは以下の方々です。

・高齢者   ・子ども   ・妊婦  

・慢性閉塞性肺疾患、喘息、心疾患、糖尿病といった持病のある方

重症化のサイン

子どもでは

  • けいれんをしたり呼びかけにこたえない
  • 呼吸が速い、苦しそう
  • 顔色が悪い(青白)
  • 嘔吐や下痢が続いている
  • 症状が長引いて悪化してきた

大人では

  • 呼吸困難
  • 胸の痛みが続いている
  • 嘔吐や下痢が続いている
  • 症状が長引いて悪化してきた

入院が必要かどうかについては、医師が判断。自宅での経過観察を指示された場合は「どうなったらもう一度受診すべきか」を聞いておきましょう。

インフルエンザの治療

  • インフルエンザの治療には、抗インフルエンザウイルス薬というものがあります。薬は医師が必要と認める場合にのみ処方されますので、処方されたら指示に従って服用してください。
  • インフルエンザの検査をしても、発病後1~2日は陽性と出ない場合があります。検査の必要性については医師とよく相談しましょう。

 

インフルエンザにかかったとき、自宅で過ごすためのポイント

「他の人にうつさない」ことが大事です。

咳・くしゃみなどの症状のある時は、周りの方へうつさないために、不織布(ふしょくふ)製マスクを着用しましょう。(せきエチケット

不織布(ふしょくふ)製マスク : 不織布とは、織っていない布という意味で、繊維あるいは糸等を織ったりせず、熱や化学的な作用によって接着させたことで布にしたもので様々な用途で用いられている。一般に家庭用マスクとして市販されています。

外出を控え、無理をして学校や職場などに行かないようにしましょう。

  • 登校については学校保健衛生法施行規則で定められています
     インフルエンザは学校保健安全法施行規則で「学校において予防すべき感染症」とされており、校長(園長)はインフルエンザにかかった幼児・児童・生徒・学生を出席停止とすることになっています。
     このため、お子様がインフルエンザと診断された場合は、速やかに学校(園)に届けていただき、出席停止の期間等についてその指示に従ってください。
  • 学校保健安全法(昭和33年法律第56号)では「発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児にあっては、3日)を経過するまで」をインフルエンザによる出席停止期間としています。 (ただし、病状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めたときはこの限りではありません。)

仕事を休まれる期間については勤務先にご確認ください。

 


 

インフルエンザに関する詳しい情報は、厚生労働省のホームページなどでも提供されています。

 

厚生労働省:
今冬のインフルエンザ総合対策について
インフルエンザQ&A
「インフルエンザ施設内感染予防の手引き」

 

国立感染症研究所感染症情報センター:
インフルエンザ

 

インフルエンザ予防の基本「マ・ウ・テ」(PDF:1.1MB)

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ先
〒594-0071
和泉市府中町四丁目22番5号
和泉市 生きがい健康部 健康づくり推進室予防推進担当 保健センター
電話:0725-47-1551
ファックス:0725-46-6320

メールフォームでのお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へ