現在の場所

国民健康保険加入者が出産したときの給付金について知りたいのですが。

答え

国民健康保険加入者が出産した場合には42万円(産科医療補償制度に加入していない場合は39万円(平成27年1月1日以降の出産については40万4千円))の出産育児一時金が支給されます。医療機関の窓口で保険証を提示し、専用の合意文書を記入して「出産育児一時金直接支払制度」を利用すると、出産育児一時金が病院などに直接支払され、出産費用に出産育児一時金を充てることができます。

注意:出産費用が42万円を超える場合は、その差額分を退院時に直接病院などにお支払ください。また、42万円未満の場合は、その差額分を国民健康保険に請求することができます。

 

詳しくは下記リンクをご参照ください

出産育児一時金

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ先
〒594-8501
大阪府和泉市府中町二丁目7番5号
和泉市 生きがい健康部 保険年金室 国民健康保険担当 資格給付グループ
電話:0725-41-1551(代表) 0725-99-8128(直通)
ファックス:0725-45-9352
メールフォームでのお問い合わせ
国民健康保険

ページの先頭へ