和泉市公有財産売却

更新日:2021年07月14日

和泉市では、旧庁舎で使用していた市長、議長等の机や椅子、書棚等をインターネットオークションにより売却します。

売却は、紀尾井町戦略研究所株式会社(以下「KSI株式会社」)のKSI官公庁オークションを利用し、インターネット上で一般競争入札の一部手続き(参加仮申込、入札等)を行い、公有財産を売却するものです。

「和泉市インターネット公有財産売却ガイドライン」や「KSI官公庁オークションに関する規約・ガイドライン」の内容をよく理解したうえでご参加ください。

和泉市公有財産売却の実施について

公告

売却物件

市長、副市長、教育長、議長、副議長の机、椅子、書棚等 計13点

詳細は公告及び下記サイトを参照してください。

誓約書・ガイドライン

KSI官公庁オークション

ログインIDの取得、物件の詳細、参加仮申込、入札などは下記サイト(KSI官公庁オークション(外部リンク))にアクセスし行って下さい。

日程

オークションの日程
参加仮申込期間 令和3年7月14日午後1時から8月2日午後2時まで
入札保証金はクレジットカード納付のみ。
参加本申込期間

令和3年7月14日から8月2日まで

(郵送の場合は消印有効)

入札期間(せり売り形式) 令和3年8月16日午後1時から同月18日午後11時まで
開札 令和3年8月19日午前10時までに実施
入札確定処理(落札者決定) 令和3年8月25日午後5時
契約締結および必要書類提出期限 令和3年8月26日午後5時
(郵送の場合は締切日必着で消印無効)
売払代金納入期限 令和3年9月6日午後2時30分
(和泉市が納付を確認できることが必要)銀行振込のみ。
下見会

令和3年7月14日から8月2日

午前9時から午後5時(土曜日、日曜日、祝日は除く)

 

和泉市公有財産売却の流れ

和泉市公有財産売却の流れ
1

入札の公告

和泉市のホームページで公告します。
2 ログイン IDの取得

「KSI官公庁オークションサイト」よりログイン IDを取得し、メールアドレスを登録してください。
KSI官公庁オークションおよび和泉市からのメールは登録されているメールアドレス宛てに送信されます。

3 入札参加の仮申込み

参加申込期間中に「KSI官公庁オークション(外部リンク)」の各売払物件の詳細画面から、物件ごとに仮申込手続きしてください。
申込み前に「誓約書および和泉市インターネット公有財産売却ガイドライン」の内容に同意していただく必要があります。
仮申込をおこなう際は、本人確認書類に住所、氏名(法人の場合は、商業登記簿謄本に記載されている所在地、名称、代表者名)を登録してください。

4 入札参加の本申込み

1.「【様式1】和泉市インターネットオークション参加申込書」を下記様式集よりダウンロードして必要事項を記入・押印してください。

2.参加申込書に下記の書類を添付して和泉市総務管財室へ持参又は郵送(特定記録郵便または簡易書留で送付)してください。
〇添付書類
・個人の場合

公的機関が発行する本人確認書類(運転免許証、保険証等)の写し、【様式2】暴力団に関与のない旨等の誓約書兼承諾書

・法人の場合
商業登記簿謄本またはその写し、【様式2】暴力団に関与のない旨等の誓約書兼承諾書
・代理人の場合
【様式3】委任状及び公的機関が発行する本人確認書類(運転免許証、保険証等)の写し

5 入札保証金の納入 和泉市が物件ごとに指定する方法で入札保証金を納付してください。(物件ごとに、物件詳細ページや公告でどの方法が指定されているかを確認してください。)
入札保証金は、和泉市が売払物件ごとに予定価格(最低売却価格)の100分の10以上の金額を定めます。
8 入札  
入札期間中に「KSI官公庁オークションサイト」の各売払物件の詳細画面から入札を行ってください。
入札はせり売り形式です。

(せり売り形式の場合)入札期間中であれば何回でも入札可能です。ただし売却システム上の「現在価格」または一度「入札額」欄に入力した金額を下回る金額を「入札額」欄に入力することはできません。一度行った入札は入札者の都合による取り消しや変更はできませんのでご注意ください。なお、入札期間の自動延長は行いません。
 
9 開札 入札期間終了後、開札を行います。
10 落札者決定
(入札確定処理)
 
落札者及び落札されなかった方に対して通知メールが自動送信されます。
落札されなかった方に対して、入札保証金返還手続きを開始します。
11 契約の締結

和泉市は、落札後、落札者に対しメールなどにより契約締結に関する案内を行い、落札者と契約を交わします。詳しくは「落札後の注意事項」を必ずご確認ください。

 

落札後の注意事項

権利移転手続き

権利移転手続きの流れ
ステップ 手続き内容 必要な書類等
売買契約の締結

必要書類を提出期限までに和泉市総務管財室へ郵送または持参してください。

落札決定後に、和泉市から落札者へメールにより具体的な手続きについてお知らせします。

郵送の場合、不着などのトラブル防止のため、書留などによる送付を推奨します。(締切日必着)

必要な書類

1.【様式4】売買契約書(必須)

2.【様式5】契約保証金充当依頼書兼売払代金充当依頼書(必須)

3.【様式6】保管依頼書(指定日に引き渡しを受けられない場合のみ必要)

4.【様式7】委任状(動産の受領を代理人が行う場合のみ必要)

代金の納付

売払代金の残額を、和泉市が定める納付期限までに和泉市が納付を確認できるように、一括で納付してください。納付は、和泉市が指定する口座へ振り込んでください。(他の方法での納付は出来ません)
落札者が売払代金を納付した時点で所有権は落札者に移転します。

売払代金の残額=落札金額(+消費税)-契約保証金額(入札保証金額)

すでに納付済みの入札保証金を契約保証金に充当しますので、入札保証金のほかに契約保証金を納付する必要はありません。
 

引渡し

代金の納付完了時または和泉市の引渡し指定日(売払代金の残額の納付日から1か月以内)に引渡しをおこないます。この時に引き取れない場合は、「保管依頼書」に必要事項を記入、押印して和泉市に提出してください。(保管期間は売払代金の残額の納付日から2か月以内です。)


物件の送付依頼はお受けしておりませんので、送付をご希望の場合は、落札者自身が配送業者等に依頼して対応してください。

【引渡し時に必要なもの】
1.公的機関が発行する本人確認書類(運転免許証、保険証等)
2.和泉市より落札者へ送付された電子メールを印刷したもの、または契約書の原本
3.受領書用印鑑


【代理人が引渡しを受ける場合に必要なもの】
上記1.2.に加えて事前に書面による委任状を和泉市に提出
注)落札者が法人で代表者以外の方が引渡しを受ける場合および配送業者による配送で当該配送業者を落札者が直接依頼する場合を含みます。

落札された売払物件の保管費用が必要な場合、売払代金納付後の保管費用は落札者の負担となります。
配送に要する費用は落札者の負担になります。輸送途中の事故などによって売払物件が破損、紛失などの被害を受けても、和泉市は一切の責任を負いません。配送等費用の額については、和泉市ではお答えできませんので、専門業者等にご確認ください。
所有権の移転に伴う費用が必要な場合は、落札者の負担になります。

 

重要事項

危険負担

売却物件の危険負担については、契約締結と同時に契約者に移転するものとし、契約締結後に発生した売払物件の破損、焼失など市の責めに帰することのできない損害の負担は契約者が負うものとする。

入札保証金の取り扱い

落札者が契約締結期限までに、和泉市と売払物件の売買契約を締結しない場合、参加申込み時に納付した入札保証金は返還しません。

契約保証金の取り扱い

売買契約締結後、入札保証金を契約保証金に充当します。

売払代金納付期限までに和泉市が売払代金の納付を確認できない場合、または落札者が公有財産売却に参加できない者であったときは、売払いの決定が取り消されます。この場合、売払物件の所有権は落札者に移転しません。また、納付された契約保証金(契約保証金に充当した入札保証金)は返還しません。

契約締結後において、その契約の内容に違反した場合等により契約を解除したときは、契約保証金(契約保証金に充当した入札保証金)は返還しません。
 

和泉市公有財産売却(様式集)

参照事項(要綱)

この記事に関するお問い合わせ先

〒594-8501
大阪府和泉市府中町二丁目7番5号
和泉市 総務部 総務管財室
電話: 0725-99-8105(直通)
ファックス:0725-45-9352
メールフォームでのお問い合わせ
このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページの内容はわかりやすかったですか
わかりにくかった理由は何ですか(複数回答可)
このページは見つけやすかったですか
探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)