造血細胞移植後の再接種費用の補助について

更新日:2020年03月02日

 造血細胞移植(骨髄移植等)により、接種済みの定期の予防接種の効果が期待できないと医師に判断され、任意で再度、当該の予防接種を受ける場合に、再接種費用を補助します。

対象者

  1. 造血細胞移植によって移植前に接種した定期予防接種の免疫が低下又は消失したため、再接種が必要と医師が認める者
  2. 予防接種を受ける日において20歳未満の者
  3. 平成30年4月1日以降の再接種であること
  4. 本市の住民基本台帳に記録されている者

対象ワクチン

次のいずれにも該当する予防接種が対象となります。

  1. 定期予防接種A類ワクチン(予防接種手帳等にある定期予防接種)であること

おたふくかぜ・ロタウイルス等、任意接種ワクチンは対象外となります。

補助内容

 補助額は接種年度の和泉市予防接種業務委託契約書に定める額を上限とし、予防接種に要した費用として医療機関に支払った額とします。

申請時に添付が必要となる書類

  1. 定期予防接種の履歴が確認できるもの(母子健康手帳、予防接種手帳など)
  2. 「医師の意見書(様式第2号)」(本市指定様式)
  3. 医療機関が発行した領収書・明細書の原本と写し(原本は返却します)
    (支払金額、接種日、接種ワクチン、接種医療機関が確認できるもの)
  4. 市長が必要とする書類(和泉市立保健センターにお問い合わせください)

この記事に関するお問い合わせ先

〒594-0071
和泉市府中町四丁目22番5号
和泉市 生きがい健康部 健康づくり推進室予防推進担当 保健センター
電話:0725-47-1551
ファックス:0725-46-6320

メールフォームでのお問い合わせ