子育て健康部のしごと

更新日:2020年04月01日

私の思い

子育て健康部長の岩井 幸(いわい さち)です。

少子高齢化やライフスタイルの多様化など、市民を取りまく環境の変化にあわせ、市民の皆さま一人ひとりが主役となり、健康づくりや子育てに積極的に向き合えるような取り組みを、職員がひとつのチームとなって推進します。

また、昨年からの新型コロナウイルスの感染拡大により、私たちの生活は大きな影響を受けました。本市では、感染が収束し市民の皆さまが安心して生活できるよう、大阪府や医療関係者等のご協力をいただきながら安心・安全なワクチン接種の体制整備に取り組んでいます。ワクチン接種を含め、感染予防対策等についても、正確な情報提供など大阪府と連携した取り組みを進め、市民のみなさまの不安解消、健康危機管理の支援に努めてまいります。

部のミッション

市民の皆さまが、自身の生活を豊かに充実したものにしていただけるよう、積極的な健康づくり活動に取り組める「健康都市いずみ」の実現を目指します。
「第2期和泉市こども・子育て応援プラン」の基本理念である「ふれあい 育ち合い みんなでつくる 親子の笑顔といずみの未来」に基づき、すべての親子が笑顔で暮らすことができるよう多用なニーズに対応できる支援に努めます。

令和3年度に取り組む重要課題

  • 新型コロナウイルス感染症の重症化及びまん延防止のために、国が示す優先順位に従ってワクチン接種を実施していきます。
  • 「第3次健康都市いずみ21計画」に基づき、市民の健康寿命の延伸を図り、市民が自分らしく生きいきと暮らすことができる「健康都市いずみ」の実現に取り組みます。
  • 「いのち支える和泉市自殺対策行動計画」に基づき、様ざまな分野の関係機関や団体との連携・協力のもと、更なる自殺対策に取り組みます。
  • 子どもが心身ともに健やかに育成されるよう子どもを取り巻く諸問題に関し、実情の把握、情報の提供、相談への対応や関係機関との連絡調整を行う「子ども家庭総合支援拠点」の設置に向けた業務に取り組みます。
  • 関係課等と連携し、障がい児支援体制の充実に努めます。
  • 福祉・心理の資格を有する職員を配置し、子どもの保育や療育にかかる相談・支援体制を強化するとともに関係課等と連携し、個々の状況に応じた対応をすることにより児童虐待の早期発見や未然防止に取り組みます。
  • 「総合医療センター新改革プラン」の更新を行い、医療水準のさらなる向上に努めます。
  • 市内に生息する飼い主のいない犬猫の保護、里親探し等の動物愛護活動をおこなう団体を支援することで、市民の動物の愛護と適正な管理に関する意識を高め、人と動物との共生社会の実現を図り、生活環境の向上に努めます。
このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページの内容はわかりやすかったですか
わかりにくかった理由は何ですか(複数回答可)
このページは見つけやすかったですか
探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)