接種当日の持ち物・注意事項など

更新日:2021年11月28日

令和3年12月から1回目・2回目接種の予診票が変わります。新しい予診票は、接種場所に置いていますので、記入にご協力をお願いします。

接種日までの注意事項

・予診票はあらかじめ記入を済ませてください。

(注記)接種日当日、年齢が15歳以下の人は、必ず保護者の同伴および予診票署名欄に保護者の署名が必要です。保護者の同伴および予診票署名欄に保護者の署名がなければ接種はできません。

・ワクチン接種を受けて良いかどうか、ご不明な方は事前にかかりつけ医など相談しておいてください。

・接種後、副反応によりめまいなどが起きる場合がありますので、睡眠は十分に取っておいてください。

接種日当日の注意事項

・自宅で体温測定し、体温を予診票を記入し持参してください。

(注記)発熱(37.5℃)があるなど体調がすぐれない場合は、接種を見合わせてください。見合わせた場合は、予約した医療機関に必ず連絡してください。

・半そでの服など肩を出しやすい服装で(肩の近くに注射をします)、マスクを着用してお越しください。

・接種後、副反応によりめまいなどが起きる場合がありますので、できる限り軽い食事をしておいてください。

 

接種日当日の持ち物

・接種券(シール部分をはがしたり、切り取ったりしないで、そのまま接種券をお持ちください)

・予診票(1・2回目の予診票は12月から様式変更のため、接種場所で記入となります)

(注記)

接種日当日、年齢が15歳以下の人は、必ず予診票署名欄に保護者の署名が必要です。

・本人確認書類(運転免許証・マイナンバーカード・健康保険証など)

・母子健康手帳(妊婦の方、12歳~15歳の方)

このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページの内容はわかりやすかったですか
わかりにくかった理由は何ですか(複数回答可)
このページは見つけやすかったですか
探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)