個別検診

更新日:2022年04月01日

令和3年度の個別検診について

令和3年度のがん検診は5月から翌年2月末まで実施します。

・過度な受診控えは健康上のリスクを高めてしまう可能性があります。

・個々の医療機関では、換気や消毒でしっかり感染予防対策をして実施しています。

 

 

 

感染防止の取組みにつきましては、医療機関により対応が異なりますので、医療機関の指示に従ってください。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、次の方は、検診を見合わせてください。

・いわゆる風邪症状が持続している方

・発熱(平熱より高い体温、あるいは37.5度以上を目安とする)、咳、呼吸困難、全身倦怠感、咽頭痛、鼻汁、鼻閉、頭痛、関節・筋肉痛、下痢、嘔吐、嘔気、味覚障害、嗅覚障害などの症状のある方

・過去2週間以内に発熱(平熱より高い体温、あるいは37.5度以上を目安とする)のあった方

・2週間以内に法務省、厚生労働省が定める諸外国への渡航歴がある方(およびそれらの方と家庭や職場内等で接触歴がある方)

・2週間以内に新型コロナウイルスの患者やその疑いがある患者(同居内・職場内での発熱含む)との接触歴がある方

・新型コロナウイルス患者に濃厚接触の可能性があり、待機期間内(自主待機も含む)の方