「ちょいず」にかわって市民活動を応援する新制度が誕生します!

更新日:2020年11月26日

制度の概要

市民活動団体は、社会的課題の解決やよりよい市民生活の実現のために活動しています。

本制度に申請のあった事業について、審査会による審査を行い、その結果に基づき、市が市民活動団体の実施する事業への資金的な支援を行います。

制度のポイント・「ちょいず」からの主な変更点

届出制度の廃止

「ちょいず」では、市民税の1%相当額を18歳以上の市民からの選択届出数により支援金を決定していましたが、新制度では、市が定める予算の範囲内において、審査会で支援金の交付について審査します。

 

 

 支援コースの分類

1.公益活動支援コース…特定の課題をテーマにし、地域及び社会の課題解決に取り組む公益活動が対象。チャレンジコース(初動・拡充支援)とステップアップコースに分かれます。

表1
区分 補助率 支援限度額 支援回数

チャレンジコース

(初動・拡充支援)

支援対象経費の2/3以内 100,000円 3回まで
ステップアップコース 支援対象経費の1/2以内 800,000円 制限なし

 

2.地域活性化コース…地域に縁のある団体が地域の活性化、交流促進、伝統文化継承に取り組み、地域課題の解決及び地域社会の貢献に繋がる事業を対象。

表2
区分 補助率 支援限度額 支援回数
地域活性化コース 支援対象経費の1/2以内 800,000円 制限なし

 

 

審査方法

1.公益活動支援コース

チャレンジコース…書類審査・面談

ステップアップコース…書類審査・公開プレゼンテーション

2.地域活性化コース…書類審査・面談

 

 

審査基準

3コース共通の基準…公益性、継続性、実行性、協働性、公開性

チャレンジコース特有の基準…発展性

ステップアップコース特有の基準…先駆性・展開性

地域活性化コース特有の基準…集客性

 

 

制度の詳細

支援を希望する団体の募集を行います

令和3年度中に実施する事業に対する支援を希望する市民活動団体を募集します。

申請受付期間:令和2年11月26日木曜日から令和2年12月25日金曜日

申請受付は、土曜日・日曜日・祝日を除く午前8時45分から午後5時15分まで公民協働推進室で受け付けます。

申請に必要な書類は次のとおりです。

備品を購入される場合は備品購入シートの提出をお願いいたします。

 

団体募集説明会を開催します

令和3年度中に事業を実施する市民活動団体で、当制度による支援を希望する団体を対象に説明会を実施します。

日時:令和2年11月24日火曜日 午後7時~午後9時

場所:コミュニティセンター 3階多目的ホール

内容:新制度の概要や審査方法等の説明

定員:100名(先着順)

申込:令和2年11月5日木曜日から定員に達するまで(公民協働推進室まで直接又は電話にて受付)

この記事に関するお問い合わせ先

〒594-8501
大阪府和泉市府中町二丁目7番5号
和泉市 市長公室 公民協働推進室 公民協働推進担当
電話: 0725-99-8103(直通)
ファックス:0725-41-1944
メールフォームでのお問い合わせ