市長公室のしごと

更新日:2020年04月01日

私の思い

市長公室長の八木(やぎ たけし)です。

私は、これまで技術職員として、また都市デザイン部長として、和泉市のハード面でのまちづくりに携わってまいりました。
本年度からは市長公室長として、市民皆様や職員の意見に耳を傾け、各部局と連携を図りながら、ソフト・ハード両面において、魅力あるまちづくりの推進に貢献していきたいと考えております。
また、目下の課題である新型コロナウイルス感染症への対応については、部局横断的に危機管理体制を整備し、対応策を検討するとともに、市民の皆様にもご協力を賜りながら、この未曾有の非常事態を乗り越えていきたいと思います。
さらに、人口減少や少子高齢化の進行、社会保障費の増加など、多くの課題を抱える中で、本市が今後も魅力あるまちであるために、「新たなまちづくり」、「公共施設マネジメント」、「人づくり」、「財政健全化」の4つの取り組みをまとめた「和泉創発プラン」を新たに策定しました。
困難な状況の中ではありますが、このプランに基づき、持続可能な行財政運営の確立と将来にわたって安定した行政サービスを維持するとともに、豊かさと活気を感じることができる「共生のまち和泉」の実現に向けて、推進してまいります。

部のミッション

市長公室では、市民に対する広報・広聴やシティプロモーション、地域コミュニティ醸成の促進、防犯・防災対策、公共施設の最適配置などのほか、行政施策の企画立案、また、人事管理をはじめとする「組織・人づくり」の取り組みなど、様々な分野を担っております。

令和2年度に取り組む重要課題

1.第5次和泉市総合計画(改訂版)の策定
本市のまちづくりの最上位計画である「第5次和泉市総合計画(計画期間:平成28年度~令和7年度)」が、今年度で策定から5年が経過し中間年度を迎えることから、必要に応じて取組み内容等を見直し、「第5次和泉市総合計画(改訂版)」を策定します。
2.和泉創発プランに基づく取組みの推進
新たに策定した「和泉創発プラン(計画期間:令和2年度~令和6年度)」に基づき、人と人とが支えあう「共生のまち和泉」の礎づくりや、持続可能な行財政運営の確立等の実現に向けた取組みを進めます。
3.地方創生への取組み
平成27年度に策定した「和泉市まち・ひと・しごと創生総合戦略(計画期間:平成27年度~ 令和2年度)」に基づき、国の交付金を活用しながら地方創生の取組みを推進します。また、今年度で同戦略の計画期間が終了することから、継続的な地方創生に向けた取り組みを実施するため、「第2期和泉市まち・ひと・しごと創生総合戦略」の策定に取り組みます。
4.公共施設のマネジメント
公共施設等総合管理計画に基づき、公共施設の最適化、市民や事業者との連携による効果的・効率的な市民サービスの提供、公共施設における安全・安心の確保の実現に向けた取組みを推進します。特に、新たに策定した「和泉市富秋中学校区等まちづくり構想」に基づき、公共施設の最適配置の実現を図るとともに、地域課題を解決し、持続可能なまちづくりの実現に向けた取組みを進めます。
5.ITを活用した効果的・効率的な行政運営
IT技術を適切に導入し活用していくことにより、効果的・効率的な行政運営に向けて、業務効率向上・業務改革を実現していくための取組みを進めます。
6.町会・自治会加入促進の支援
公民協働による「災害に強いまち」の実現に向け、町会・自治会の新規設立や既存町会等への加入促進の支援制度を充実し、地域コミュニティの活性化を図ります。
7.防犯対策
犯罪被害の無い安全で安心して暮らせるまちづくりを進めるため、防犯ボランティア団体の活動の支援や、警察、関係機関と連携し防犯活動に取り組みます。
8.防災対策
平成30年台風21号を教訓に、さらに和泉市で起こり得る災害に備え、避難所備蓄品を充実させるとともに、防災関係機関との連携強化、職員の防災意識向上、地域における共助(助け合い)を目的とした自主防災組織の育成に取り組みます。
9.新型コロナウイルス感染症対策
本市の関係部局や大阪府等と連携を図りながら、新型コロナウイルス感染症による行政運営への影響を最小限に抑えるとともに、感染拡大の防止対策や、市民等への支援を実施します。
10.人事・給与制度改革
頑張る職員が報われる制度の推進と働き方改革の推進を図るため、新たに策定した「和泉市人事・給与制度改革基本方針」に基づき、制度改革に取り組みます。

この記事に関するお問い合わせ先

〒594-8501
大阪府和泉市府中町二丁目7番5号
和泉市 市長公室 政策企画室 企画経営担当
電話: 0725-99-8102(直通)
ファックス:0725-45-9352
メールフォームでのお問い合わせ