新型コロナウイルス感染症に関連した人権相談窓口について

更新日:2020年05月18日

法務大臣メッセージ

新型コロナウイルス感染症に関連して、感染者、濃厚接触者、医療従事者等に対する誤解や偏見に基づく差別は決してあってはなりません。法務大臣メッセージは、YouTube法務省チャンネルをご覧ください。

法務省の人権擁護機関では、新型コロナウイルス感染症に関連する不当な差別、偏見、いじめ等の被害に遭った方からの人権相談を受け付けています。困った時は、一人で悩まず、私たちに相談してください。

相談窓口

みんなの人権110番

電話 0570-003-110   (平日午前8時30分から午後5時15分)

子どもの人権110番  

電話 0120-007-110   (平日午前8時30分から午後5時15分)

女性の人権ホットライン

電話 0570-070-810   (平日午前8時30分から午後5時15分)

(その他)

外国語人権相談ダイヤル

電話 0570-090-911   (平日午前9時から午後5時)

大阪府人権相談専用電話

電話 06-6581-8634

(平日は午前9時30分から午後5時30分、夜間は毎週火曜日午後5時30分から午後8時(祝日、年末年始を除く)、休日は毎月第4日曜日午前9時30分から午後5時30分)

 

 

 

関連ページ

この記事に関するお問い合わせ先

〒594-8501
大阪府和泉市府中町二丁目7番5号
和泉市 総務部 人権・男女参画室 人権・男女参画担当 人権政策グループ
電話: 0725-99-8115(直通)
ファックス:0725-45-3128
メールフォームでのお問い合わせ