東京2020オリンピック 聖火リレールートが決定しました!

更新日:2020年03月02日

令和元年12月17日に公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会より、リレールートが発表されました。

聖火リレールート概要(池上曽根史跡公園について)

総面積約60万平方メートルの広さを持つ全国屈指の弥生時代の環濠集落で、遺跡の中心部が国史跡に指定されています。

整備された史跡公園には、日本最大級の大型掘立柱建物(いずみの高殿)と大型刳り抜き井戸(やよいの大井戸)が復元されており、悠久の時を偲ばせます。

また、大型掘立柱建物に残された柱のひとつが紀元前52年に伐採されたものであることが判明し、それまで考えられていた年代観を100年も遡らせることになったことは、教科書を塗り替えるような大発見となりました。

いずみの高殿とやよいの大井戸

そんな古代ロマンあふれる場所が聖火リレーのルートとなります。

コースの詳細は、下記ホームページからご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

〒594-8501
大阪府和泉市府中町二丁目7番5号
和泉市 教育委員会生涯学習部 生涯学習推進室 スポーツ振興担当
電話: 0725-99-8162(直通)
ファックス:0725-41-0599
メールフォームでのお問い合わせ