輝け和泉市ひろみち通信:2020年5月

更新日:2020年05月27日

令和2年5月27日

本日、和泉市議会第2回臨時会におきまして、補正予算案が可決されました。
市の支援事業(第2弾)として、「ひとり親世帯への給付金(1世帯あたり3万円)」や、「小・中・義務教育学校の給食無償化(学校再開後から3か月分)」、「小・中・義務教育学校にPC導入(1人1台)の早期実施」、「中小企業及び個人事業主対象給付金」など、新型コロナウイルス感染症により影響を受けられた企業や市民生活を支援してまいります。

詳しい内容につきましては、次のページでご確認ください。
https://www.city.osaka-izumi.lg.jp/kakukano/kousitu/apiruka/osirase/12958.html

さて、5月25日付けで緊急事態宣言が全国で解除されました。大阪府は一足早く5月21日に解除となり、和泉市では5月19日から、本日(5月27日)まで、新規感染者は確認されていません。
市民皆様の外出抑制の効果が出ているものと、改めて感謝申し上げます。

これまで営業を自粛されていた店舗も少しずつオープンし、外出する人も多くなっているように見受けられます。感染拡大を抑えつつ、社会経済活動を徐々に再開させていくことが大切ですが、新型コロナウイルスは消滅したわけではありません。
従来のような生活に戻ってしまえば、また新たな感染拡大の波が押し寄せてきます。
これまで同様、「密閉・密集・密接」の3密を避けて頂き、人との身体的距離の確保や、マスクの着用、咳エチケット、手洗い、うがいに、努めてください。在宅勤務(テレワーク)や電子決済の利用、オンライン会議など「新しい生活様式」にも心がけて頂きたいと思います。

これまでもメッセージで再三お伝えしてきましたが、明けない夜はなく、春の来ない冬はありません。
1日も早い終息に向けて、力を合わせ、この難局をともに乗り越えていきましょう。

令和2年5月13日

ゴールデンウィークも終わり、段々と汗ばむ気候になってまいりました。大阪府内での新規感染者数が減少傾向にあり、期間が延長された緊急事態宣言の今後の動向も注目されていますが、いつまでこのような日々が続くのかと自粛疲れがでてきている方も多いことと思います。しかし、まだまだ気を緩めず、ご自宅でお過ごしいただきたいと思います。

さて、和泉市における特別定額給付金については、一刻も早く市民の皆様へお渡しできるようプロジェクトチームを立ち上げ、本日よりオンライン申請分の給付を開始しておりますが、全国的にオンライン申請分の不備が発生しており、和泉市でも不備の対応に多くの時間を要しています。郵送申請であれば、申請書にあらかじめ世帯員情報を記載していますので、記入が簡易となり、確認作業もスムーズになります。迅速な給付のため、できる限り郵送申請を利用していただければと思います。
また、郵送による申請書は来週23日から順次発送していきますので、お手元に届くまでどうか今しばらくお待ちください。

現在、同報系無線等を利用して、啓発のメッセージを発信しております。私の声が聞き取りにくいかもしれませんので、こちらでも同趣旨の内容を発信させていただきます。
メッセージの内容は、
「こちらは、和泉市長の辻ひろみちです。市民皆様、新型コロナウイルス感染拡大防止にご協力いただき、ありがとうございます。
おかげをもちまして、現在あらたな感染者は減少傾向にあります。
しかし、油断大敵です。今一度、気を引き締め、市民みんなの力で、この困難を乗り越えましょう。」です。
明けない夜はない、春の来ない冬はない、市民の皆様が力を合わせれば、必ずこの難局を乗り越えられると確信しております。

令和2年5月7日

ゴールデンウィークが終わりました。ぽかぽか陽気の中、例年であれば皆様が思い思いの休日を過ごされ、心身ともにリフレッシュされていたところですが、今年は緊急事態宣言発令のもと、ご自宅でお過ごしいただいたことと存じます。
緊急事態宣言も今月末まで延長となり、いつまでこのような日々が続くのかと気を落とされる方も多いことと思います。しかし、大阪府内では新規感染者数も減少傾向にあります。気を緩めず、「ステイホーム」を合言葉に、ご自宅でお過ごしいただきたいと思います。

さて、本日は令和2年第1回臨時会が開催され、新型コロナウイルス関連の補正予算等についてご審議・ご可決いただきました。
10万円の特別定額給付金などの国の施策のほか、和泉市独自の支援策として水道基本料金全額の半年間減額や、有料指定ごみ袋の無料引換券(600円分)の配布等を実施してまいります。
詳しくはこちらをご覧頂ければと思います。

市の緊急支援事業
https://www.city.osaka-izumi.lg.jp/kakukano/kousitu/apiruka/osirase/12958.html

特別定額給付金の支給については、市民の悲鳴にも似た声をうかがっております。1日でも1時間でも早く対応できるよう指示しておりますので、心苦しい気持ちで一杯ですが、どうか今しばらくお待ちください。

また、現在、同報系無線等を利用して、啓発のメッセージを発信しております。私の声が聞き取りにくいかもしれませんので、こちらでも同趣旨の内容を発信させていただきます。
メッセージの内容は、
「こちらは、和泉市長の辻ひろみちです。市民皆様、新型コロナウイルス感染拡大防止にご協力いただき、ありがとうございます。しかし、残念ながら、緊急事態宣言の期間が延長されました。今一度、気を引き締め、私たち一人ひとりが今、感染防止に向け、何ができるのかを考え、行動してまいりましょう。そして、市民みんなの力で、一刻も早く感染を終息させましょう。」です。
明けない夜はない、春の来ない冬はない、市民の皆様が力を合わせれば、必ずこの難局を乗り越えられると確信しております。

令和2年5月1日

4月末から、本当に気持ちのいい爽やかな日が続いています。本来であれば、旅行や行楽で、心身ともにリフレッシュしたいところではあります。しかし緊急事態宣言発令のため、ご自宅で過ごされていることと存じます。
せっかくのゴールデンウィークですが、ここが我慢のしどころです。ステイホームを合言葉に、なるべくストレスがたまらないよう、ご自宅での過ごし方を工夫していただければと思います。
現状において、緊急事態宣言の期間延長も想定されていますが、このゴールデンウィークが感染拡大防止の山場であることは間違いありません。市民皆様の感染防止に向けての更なるご協力が必要です。
現在、同報系無線等を利用して、啓発のメッセージを発信しております。私の声が聞き取りにくいかもしれませんので、こちらでも同趣旨の内容を発信させていただきます。
メッセージの内容は
「こちらは、和泉市長の辻ひろみちです。今年のゴールデンウィークは新型コロナウイルス 感染防止のためご自宅でお過ごしの事と存じます。市民皆様、本当にありがとうございます。今が正念場です。不要不急の外出を、控えてください。密閉、密集、密接は、避けてください。咳エチケット、手洗い、うがいに、努めてください。市民みんなの力で、感染を終息させましょう。」
です。
明けない夜はない、春の来ない冬はない、市民の皆様が力を合わせれば、必ずこの難局を乗り越えられると確信しております。
 

 

この記事に関するお問い合わせ先

〒594-8501
大阪府和泉市府中町二丁目7番5号
和泉市 市長公室 秘書課
電話: 0725-99-8166(直通)
ファックス:0725-45-9352
メールフォームでのお問い合わせ