輝け和泉市ひろみち通信:2020年7月

更新日:2020年07月31日

令和2年7月31日

本日、7月豪雨で被災した熊本県人吉市に派遣する職員の激励式を行いました。

和泉市では、現在東日本の復興支援のため、宮城県の気仙沼市と丸森町に職員を派遣していますが、今回は熊本市、岡山県総社市、愛媛県西予市との4市で連携して、人吉市に職員を派遣し、避難所運営をはじめとした被災者支援を行います。

球磨川流域の河川氾濫によって甚大な被害を受け、周辺自治体で被災瓦礫が約100万トン生じているとのことです。一昨年の台風21号により和泉市で生じた瓦礫が約4千トンであり、その250倍と考えると被害の凄まじさが容易に想像できます。見通しでは瓦礫の整理に約3年、元の街に戻すのには10年は要するとのことです。

本日梅雨が明けましたが、これから本格的な夏を迎え、同時に台風シーズンにも入ります。今回派遣する職員には被災地の復旧支援を行うとともに、支援活動に従事することで、和泉市が被災した時に先頭に立って復旧活動ができるよう経験を積んでくれるものと期待しています。健康管理等に十分留意し、事故や怪我なく活躍していただきたいと思います。

人吉市への派遣職員

令和2年7月30日

5月に緊急事態宣言の解除が発表され、一旦減少傾向にあった新型コロナウイルスの感染者数が、ここのところ増加傾向にあります。昨日、全国での感染者は1,000人を一気に超えて1,259人、大阪においては200人を初めて超えて221人でした。そして和泉市でも2人の方の感染が確認され、累計で54人となりました。
この感染状況について、「第2波が到来した」という報道や、「この感染は第1波の余波であり、第2波というのは100年前のスペイン風邪の様にもっとすさまじい勢いで感染拡大し、破滅的な被害をもたらすものである」といった意見もあり、現時点では定かではありませんが、感染が拡大しており、改めて気を引き締める時期を迎えていることは確かです。
先日、和泉市立総合医療センターの主催で和泉市医師会、和泉市歯科医師会、和泉市薬剤師会、和泉市社会福祉協議会、和泉市保健所の皆様方のご協力により、「第1回 和泉の地域医療を考えるシンポジウム」が開催されました。3密対策によるソーシャルディスタンスの確保から、限られた人数での参加ではありましたが、医療、看護、介護、そして福祉の関係者の方々にご参加いただき、大変実り多きシンポジウムになりました。私は総合医療センターの開設者という立場で、新型コロナウイルス感染に伴う和泉市の主な対策について報告を致しました。コロナ対策では、感染拡大防止と経済活性化といういわばトレードオフの関係ともいえる課題を同時に解決せねばならず、大変難しいかじ取りを求められています。一方、医療関係者側としても厳しい状況におかれているという意見があり、全国的に医療を中心とした感染ケアの関係者は、感染リスクがある中での医療従事や患者の受診控えに起因する経営悪化により大変苦慮されていることを実感しました。このような中では、行政と医療関係機関等が連携のうえ、相互に協力や支援を行うことで信頼関係をさらに強固なものとし、地域全体で感染を防止できるよう地域免疫力の強靭化を図っていかねばなりません。
市民の皆様も、引き続き感染予防にご協力を頂くとともに、かかりつけの医療機関や歯科・薬局等を通じて、日ごろからの健康管理に努めて頂きたく思います。
 

令和2年7月8日

本日の深夜2時に大雨警報等が発表されました。和泉市では雨足が一番強かったのが、その前後の時間帯でした。

被害状況としては、山間部において数箇所の道路に土砂が流入しましたが、大きな交通障害にはなりませんでした。土砂の撤去については、市内事業者へ依頼を行うとともに市が直接対応し完了しました。

また、道路側溝の詰まり等は数件ありましたが、冠水が危惧される箇所は事前に確認、対処しておりましたので、大きな被害は出ておりません。

一方、九州地域においては、豪雨による甚大な被害が続いています。本市からも災害支援として物資や人を派遣すべく、熊本県人吉市や熊本市の危機管理担当者等に直接連絡し、必要とされる支援を調査しましたが、現状では受け入れ体制が整っておらず、差し控えざるを得ない状況にあります。

今後の支援については、罹災証明の発行や土木工事等の復旧作業に従事する職員の不足が予想されますので、中長期的な職員派遣が必要となります。つきましては、以前被災時に本市から職員を派遣していた熊本市及び本市と災害協定を結んでいる岡山県総社市と連携を取りながら、支援体制を整えていくよう検討を進めています。

被災時は迅速な対応が求められますが、的確な情報を収集し、適切な支援を行わなければ、逆に混乱を招く恐れもあります。日ごろから交流のある自治体や災害協定を結んでいる事業者と連携し支援を行ってまいります。

この記事に関するお問い合わせ先

〒594-8501
大阪府和泉市府中町二丁目7番5号
和泉市 市長公室 秘書課
電話: 0725-99-8166(直通)
ファックス:0725-45-9352
メールフォームでのお問い合わせ
このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページの内容はわかりやすかったですか
わかりにくかった理由は何ですか(複数回答可)
このページは見つけやすかったですか
探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)