新型コロナウイルス感染対策・相談窓口について

更新日:2021年01月14日

緊急事態宣言発令中 令和3年1月14日から2月7日まで

レッドステージ(非常事態)の対応方針に基づく要請

大阪府において、大阪府モデルに基づく赤色信号が点灯しています。大阪府のレッドステージ(非常事態)期間の対応方針により、市民の皆様におかれましては以下のことに注意していただき、感染拡大防止にご協力をお願いします。

(注記)1月14日から2月7日まで、大阪府全域を、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「緊急事態措置を実施すべき区域」に追加することが決定されました。

期間 レッドステージの期間(令和3年1月14日から2月7日まで)

市民の皆さまへ

・不要不急の外出、移動を自粛してください

特に、20時以降の不要不急の外出自粛を徹底してくだい

イベントの開催について

【要請期間】1月17日から

・人数上限 5,000人以下

・収容率 屋内:50%以下 屋外:人と人との距離を十分に確保(できるだけ2m)

(新型インフルエンザ等対策特別措置法第24条第9項に基づく)

・新年の挨拶回り、新年会・賀詞交歓会、及びこれに類するものは、飲食につながるため、自粛してください

・あわせて、20時以降の時間短縮について協力してください

・主催者は国の接触確認アプリ「COCOA」、大阪コロナ追跡システムの導入、又は名簿作成などの追跡対策を徹底してください

・全国的な移動を伴うイベントまたはイベント参加者が1,000人を超えるようなイベントを開催する際には、そのイベントの開催要件等について、事前に大阪府に相談してください(相談窓口 06-4397-3293大阪府危機管理室)

・全国的な感染拡大やイベントでのクラスターが発生し、国が業種別ガイドラインの見直しや収容率要件・人数上限の見直しを行った場合には、国に準じて対応

・適切な感染防止策が実施されていないイベントや、リスクへの対応が整っていないイベントは、開催自粛を要請することも検討

市主催イベントについて

・原則中止とします

施設について(営業時間短縮要請)

大阪府全域において、新型インフルエンザ等対策特別措置法第24条第9項に基づき、以下の対象施設に営業時間短縮を要請しています。

要請対象施設表
対象施設 要請内容

【飲食店】 飲食店(居酒屋を含む)、喫茶店等(宅配・テイクアウトサービスを除く)

【遊興施設】バー、カラオケボックス等で食品衛生法の飲食店営業許可を受けている店舗

・営業時間短縮(5時から20時)ただし、酒類の提供は11時から19時

大阪府全域において、以下施設については、協力を依頼しています。

協力施設表
対象施設 協力依頼内容
運動施設、遊技場 以下の内容について、協力を依頼
・営業時間短縮(5時から20時)ただし、酒類の提供は11時から19時
・開催するイベントは、人数上限5,000人、かつ、収容率50%とすること(イベントに関する要請は1月17日から)
劇場、観覧場、映画館又は演芸場
集会場又は公会堂、展示場
博物館、美術館又は図書館
ホテル又は旅館(集会の用に供する部分に限る)
遊興施設(注) 以下の内容について、協力を依頼
・営業時間短縮(5時から20時)ただし、酒類の提供は11時から19時
物品販売業を営む店舗(1,000平方メートル超)(生活必需物資を除く)
サービス業を営む店舗(1,000平方メートル超)(生活必需サービスを除く)

(注)遊興施設のうち、食品衛生法の飲食店営業許可を受けている店舗は、新型インフルエンザ等対策特別特措法に基づく要請の対象。 ネットカフェ・マンガ喫茶等、宿泊を目的とした利用が相当程度見込まれる施設は要請・協力依頼の対象外。

(仮称)大阪府営業時間短縮協力金に関するコールセンター

06-6210-9525(午前9時から午後7時まで)

(注)日曜日及び祝日を除く。ただし、1月17日(日曜日)は開設

市有施設について

・貸室等については定員2分の1を上限とします(詳しくは各施設にお問い合わせください)

・飲食を伴う利用は控えてください

・1月17日から、開館時間を20時までとします(ただし、小栗の湯、青少年の家を除く)

・利用者が外出自粛要請を受けて使用の予約をキャンセルした場合は利用料金を全額還付します(ただし、2月7日までの使用予約に限る)

感染防止対策

  1. こまめな手洗い・咳エチケット・十分な睡眠をとるなど感染予防の徹底
  2. 換気の悪い密閉空間、多数が集まる密集場所、間近で会話や発声をする密接場面の3つの条件をつくり出さない
  3. 感染者や家族に対するいわれのない差別や偏見をやめる
  4. 冷静に落ち着いて行動する

和泉市では、令和2年1月30日に新型コロナ対策本部を設置し、国や大阪府及び関係機関と連携しながら、感染拡大防止に向け、全力で対応しています。

新型コロナウイルス対策が気になる保護者の方へ

お子さまの健康が気になるときだからこそ、予防接種と乳幼児健診は、遅らせずに、予定どおり受けましょう。

予防接種は事前に予約をしましょう。

一般の受診患者と別の時間や場所で受けられる場合もあります。

健診の日程等につきましては、新型コロナウイルス患者の発生状況による変更がある場合もあります。

不明な点がございましたら、保健センターまでお問い合わせください。

新型コロナウイルスに対するお問合せ先

和泉保健所 0725-41-1342

相談窓口

新型コロナを疑う場合の受診相談体制が変わりました

熱が出た場合などにすぐに受診できるよう、今までの保健所(0725-41-1342)に相談する仕組みに加え、かかりつけ医などの身近な医療機関に相談する仕組みに変わりました。 (受診先の案内は保健所・かかりつけ医等からになります)

夜間・休日やかかりつけ医がいない方などは、新型コロナ受診相談センター(06-7166-9911)保健所へ相談してください。

医療・検査が可能な医療機関は非公表のため、新型コロナ受診相談センターでご案内します。

 

緊急事態措置コールセンター

・和泉市コールセンター

電話番号 0725-99-8195 (平日9時から17時15分まで)

・大阪府コールセンター

電話番号 06-4397-3268 (平日9時から18時まで)ただし、1月16日(土曜日)、17日(日曜日)は開設

 

大阪府 府民向け相談窓口

大阪府が府民の皆様からの健康相談に応えるため、電話相談窓口です。

電話:06-6944-8197  

ファックス:06-6944-7579
(注意)お間違えの無いようご確認をお願いします。

相談受付時間:午前9時から午後6時まで(土曜・日曜・祝日も対応)

厚生労働省 電話相談窓口

専用電話:0120-565653(フリーダイヤル)

相談受付時間:午前9時から午後9時まで(土曜・日曜・祝日も実施)

新型コロナ受診相談センター(帰国者・接触者相談センター)

次の症状のある方は、ご連絡をお願いします。

  •  息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかある場合
  •  重症化しやすい方で、発熱や咳などの比較的軽い風邪症状がある場合(高齢者、基礎疾患がある方)
  • 妊婦の方、念のため、早めに相談
  • 発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が4日以上続く場合

和泉保健所管轄

電話番号 06-7166-9911

ファックス06-6944-7579(終日)
 

国内・国外における発生状況

国内・国外における発生状況は厚生労働省ホームページでご確認ください。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

〒594-0071
和泉市府中町四丁目22番5号
和泉市 子育て健康部 健康づくり推進室予防推進担当 保健センター
電話:0725-47-1551
ファックス:0725-46-6320

メールフォームでのお問い合わせ