子宮頸がん予防ワクチンについて

更新日:2022年11月01日

子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)の接種を希望される方へ

平成25年6月14日、厚生労働省から「子宮頸がんワクチンの副反応の発生頻度がより明らかになり、国民に適切な情報提供ができるまでの間、定期予防接種を積極的に勧奨すべきでない」との勧告があり、積極的な接種勧奨は差し控えられていましたが、令和3年11月26日積極的な接種勧奨の差し控えが解除されました。

 また、宮頸がん予防ワクチンの積極的な勧奨が差し控えられていた間に定期接種の対象であった方々の中には、ワクチン接種の機会を逃した方がいらっしゃいます。こうした方に公平な接種機会を確保する観点から令和4年4月~令和7年3月までの3年間、公費で接種できるようになりました。(キャッチアップ接種)


定期予防接種として接種を希望する場合は、厚生労働省のリーフレット(下記参照)を参考に効果と副反応を十分理解した上で接種してください。
 

HPVワクチンに関するリーフレット(厚生労働省)

子宮頸がんやHPVワクチン(効果とリスク、接種スケジュールなど)について、わかりやすく載っています。

ぜひ、ご参照ください。

厚生労働省ホームページ(HPVワクチンの情報提供)

1 対象者

接種時に和泉市に住民登録(外国人登録含む)がある小学校6年生~高校1年生相当の女子

 

《キャッチアップ接種の対象者》

平成9年4月2日~平成18年4月1日生まれの女子で過去に子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)の接種を合計3回受けてない人。

2 接種方法

子宮頸がん予防ワクチンには「サーバリックス」と「ガーダシル」の2種類があります。2種類のワクチンから1種類を選択して接種を受けることになっています。

決められた間隔をあけて、同じワクチンを合計3回接種します。

接種間隔は、上記のリーフレット《詳細版》をご参照ください。

 

《キャッチアップ接種》

上記の通常の定期接種と同様に接種できます。

過去に接種したことがあり、長期にわたって接種を中断していた人は、初回からやり直すことなく、残りの回数を接種してください。(過去に1回接種したことがある人は残り2回、2回接種したことがある人は残り1回)(この場合、2回目と3回目の間隔は、通常の定期接種と同じです)

注意事項

  • 接種の際は、必ず接種後の副反応について理解した上で接種するようにしてください。
  • 接種にあたっては、保護者の同伴が必要です。やむを得ず、保護者が同伴できない場合は、説明書と予診票を医療機関で受け取り、保護者欄に保護者が自署した予診票を提出してください。満16歳以上の人は、保護者の同伴は不要です。

3.接種場所

下記の「予防接種実施医療機関一覧」をご覧の上、直接お申込みください。

やむを得ない理由で市内実施医療機関以外での接種を希望される人は、保健センターまでお問い合わせください。

4.費用・持ち物

  • 接種費用 対象年齢であれば無料
  • 持ち物 母子健康手帳、本人確認できるもの(健康保険証等)

予診票は各医療機関に備えています。

5.相談窓口

6.副反応発生時の補償

ワクチンの接種によって引き起こされた副反応により、医療機関での治療が必要になったり、生活に支障がでるような障がいを残すなどの健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく、補償を受けられる場合があります。

HPVワクチンを自費で受けた方に対する費用の助成について

HPVワクチンの積極的な勧奨の差し控えにより、HPVワクチンの定期接種の機会を逃した平成9年4月2日から平成17年4月1日までの間に生まれた女性で、定期接種の対象年齢を過ぎて任意接種を自費で受けた方に対する費用の助成を行います。詳しくは、下記ホームページをご確認ください。

この記事に関するお問い合わせ先

〒594-0071
和泉市府中町四丁目22番5号
和泉市 子育て健康部 健康づくり推進室予防推進担当 保健センター
電話:0725-47-1551
ファックス:0725-46-6320

メールフォームでのお問い合わせ