現在の場所

水銀使用廃製品の収集方法の変更について

平成30年4月1日から水銀使用廃製品の収集方法が変わります

背景

水銀による地球規模での環境汚染を防止するため、わが国が議長国を努めた外交会議において「水銀に関する水俣条約」が採択・署名され、「水銀による環境の汚染の防止に関する法律案」及び「大気汚染防止法の一部を改正する法律案」が公布されました。

和泉市では、これらの条約・法律等の趣旨にのっとり、水銀が飛散・流出し環境汚染を防止する目的に、今後、家庭から排出される以下の水銀使用廃製品の分別回収を行います。

 

分別回収される水銀使用廃製品

平成30年4月1日から以下の品目がそれぞれ資源物、粗大ごみに追加されます。

 

ボタン電池

分類:資源物

排出方法

ほかの電池等の金属製品が触れるとショートし、発熱・破裂・発火の恐れがあるので、電池の両極をセロハンテープで覆う等してから出してください

 

水銀体温計、水銀温度計、水銀血圧計

分類:粗大ごみ

排出方法 

粗大ごみ受付センターへ申し込んでください。無料で収集します。ただし、水銀が含まれている部分が割れていないものに限られます

 

割れている場合
  • 水銀体温計、水銀温度計

破片とあわせて透明のビニール袋に入れて密封し、資源物収集の日に「せともの・ガラス類」と同じ袋へ入れて出してください

  • 水銀血圧計

粗大ごみ受付センターへ申し込んでください。有料の収集となります。なお、水銀が含まれていた部分を破片とあわせて透明のビニール袋に入れて密封してから出してください

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ先
〒594-8501
大阪府和泉市府中町二丁目7番5号
和泉市 環境産業部 生活環境課
電話:0725-41-1551(代表) 0725-99-8122(直通)
ファックス:0725-45-9352
メールフォームでのお問い合わせ

ページの先頭へ