家賃の支払いに困っている方へ ~住居確保給付金のご案内~

更新日:2021年01月18日

くらしサポートセンターでは、生活に困窮している方への相談窓口を開設しています。

家賃の支払いに困っている方に対しては、住居確保給付金を実施しています。

制度に関するご質問等は、気軽に下記までお問い合わせください。

 

【くらしサポートセンター】

電話番号   0725-99-8100

場所           和泉市役所1号館1階

受付時間   9時から17時15分(土曜日・日曜日、祝日を除く)

住居確保給付金とは

住居確保給付金は、就職に向けた活動をするなどを条件に、就労支援とともに、一定期間家賃相当額を支援する制度です。

 

支給額:下記を上限として、収入に応じて調整された額を支給します。
  単身世帯:39,000円
  2人世帯:47,000円
  3~5人世帯:51,000 円
(注意)共益費や駐車場、光熱水費は対象外です。
(注意)この給付金は、賃貸物件にお住まいの方が対象です。持ち家(住宅ローン)は対象外です。

支給期間:3か月間(一定の条件により3か月ごとの延長、再延長、再々延長が可能)
(注意)再々延長は、令和2年度中に新規申請あった方が対象となります。

支給方法:大家・管理会社等へ代理納付

 

主な給付要件

・離職、廃業をした日から2年以内、またはやむを得ない休業等により、収入を得る機会が減少していること。
・世帯の資産が一定額以内、かつ、収入基準額を超える収入がないこと。(下記を参照)
・誠実かつ熱心に常用就職を目指した求職活動を行うこと。
・離職や収入減少の時点で、主たる生計維持者(家計を最も支えている立場)であったこと。

 

上記4つの要件にあてはまる方は、住居確保給付金の受給資格を満たす可能性があるため、くらしサポートセンターまでご相談ください。

 

資産額

単身世帯:504,000円
2人世帯:780,000円
3人以上世帯:1,000,000円

資産額は、現金及び預貯金額の合計です。(上限額を超えて資産をお持ちの場合は、支給対象外となります。)
なお、負債がある場合でも、相殺はしません。
(注意)再々延長(10か月目以降)申請時は、預貯金要件が異なります。

収入基準額

単身世帯:84,000円+家賃額(上限39,000円)
2人世帯:130,000円+家賃額(上限47,000円)
3人世帯:172,000円+家賃額(上限51,000円)
4人世帯:214,000円+家賃額(上限51,000円)
5人世帯:255,000円+家賃額(上限51,000円)

収入算定の主なもの
(1)就労等の収入
・給与収入の場合は、社会保険料等天引き前の総支給額(ただし、交通費は除きます)
・自営業の場合は、事業収入(経費を差し引いた控除後の額)となります。
(注意)毎月の収入額に変動がある場合には、収入の確定している直近3か月間の収入額から推計します。

(2)公的給付等
・雇用保険の失業等給付、児童扶養手当等の各種手当、公的年金など
(注意)複数月分の金額が一括で支給される給付等については、月額で算定します。

住居確保給付金の支給決定となった場合

1.くらしサポートセンターの支援員により面接等の支援、2.求人先への応募等、3.ハローワークの職業相談等の求職活動をしていただく必要があります。

ただ、必要とされる求職活動要件は、対象者の状況によって異なりますので、必要に応じて支援員より説明いたします。

(注意)コロナウイルス感染拡大により要件が変更されているため、今後も変更される可能性があります。

申請にあたっては

くらしサポートセンターの窓口での申請となります。また申請時等において、生活に困窮している状況について確認し、就労支援以外にも、必要に応じて他の支援も検討いたします。

なお、窓口の状況によっては、待ち時間が長くなることがあります。皆様のご理解、ご協力をお願いします。

(注意)下記メールフォームを通じてのお問合せにつきまして、現在、大変たくさんの方からご連絡をいただいており、順番に回答を行っております。回答につきましては、数日間かかることもあります。ご不便をおかけしますが、ご了承をお願いいたします。

この記事に関するお問い合わせ先

〒594-8501
大阪府和泉市府中町二丁目7番5号
和泉市 市民生活部 くらしサポート課 生活相談係
電話:0725-99-8100(直通)
ファックス:0725-41-1778
メールフォームでのお問い合わせ