現在の場所

カラスや猫等にごみを荒らされないために

カラスは色覚、猫等は嗅覚が発達しています。一度ごみを荒らせれると、再度荒らされる可能性が高くなります。
カラスや猫等にごみを荒らされないためには、次のような対策が効果的であると考えられます。

1.食べ残し等を無くし、生ごみを減らしましょう。

2.散乱防止ネットやふた付容器を活用しましょう。
ふた付容器に入れてごみを出されても、ごみ収集を行います。
ただし、ふた付容器を活用する場合は、容器とふたが一体的なもので四角い形の容器をお勧めします。

注意、容器とふたが別々のものや円柱形などの容器は、強風時に飛んで転がっていく場合があります。
 

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ先
〒594-8501
大阪府和泉市府中町二丁目7番5号
和泉市 環境産業部 生活環境課
電話:0725-41-1551(代表) 0725-99-8122(直通)
ファックス:0725-45-9352
メールフォームでのお問い合わせ

ページの先頭へ