ワクチンパスポート

更新日:2021年07月21日

ワクチンパスポートの発行方法と予防接種済証について、お知らせします。

ワクチンパスポートの発行

海外渡航を目的とした申請に対して、7月26日からワクチン接種証明書(無料)の申請受付を開始します。

当面の間は、海外渡航での利用を想定していますので、真に必要な場合のみ申請してください。

申請に必要なもの

1.申請書

2.有効期限内の旅券または写し

3.予防接種済証または接種記録書

接種済証は、接種終了時にワクチンLot Noシールを貼り付けたもので、未使用の「予診のみ券」がある場合はそのまま添付のうえ、提出してください。

医療従事者等は接種記録書です。

4.下記に該当する場合はその書類

接種済証・接種記録書を紛失された方

以下のいずれかが必要

・マイナンバーが確認できる書類

・接種時点において住民登録がされている住所が記載された本人確認書類(運転免許証、戸籍、住民票の写し等)

旅券に旧姓・別性・別名の記載がある方

旧姓・別性・別名が確認できる旧姓併記された以下のいずれかが必要

マイナンバーカード、運転免許証、戸籍、住民票の写し等

代理人申請の場合(住民票上の同一世帯以外の申請の方)

(注記)窓口でご本人(代理人)であることが確認できる書類の提示が必要です。

申請方法(郵便または窓口)

混雑緩和のため、できる限り郵便による手続きをお願いします。

郵便等による申請

1.申請に必要なもの(上記)に記載の書類すべて

2.返信用切手(定形封筒84円・定形外封筒120円)を貼付した返信用封筒

注 速達を希望される場合は、返信用封筒に「速達」と赤字で明記し、速達料金290円を追加して貼付してください。

送付先

〒594-8501 和泉市府中町二丁目7番5号

和泉市役所 健康づくり推進室 新型コロナウイルス予防推進担当 あて

注記

・申請書到着後、発行までにおおむね10日ほどを予定しています。

・書類に不備があった場合や接種記録の確認がすぐにとれない場合など発行に時間がかかる場合がありますので、出国まで十分な期間をあけて申請してください。

窓口での申請

市役所2階 ワクチンパスポート申請窓口

申請に必要なもの(上記)に記載の書類をすべて持参してください。

パンフレット

予防接種済証明書(和泉市独自様式)

新型コロナウイルスのワクチンを接種した人は、以下により接種済みであることを示すことができます。


1.「新型コロナウイルスワクチン予防接種済証(臨時)」
予防接種済証は、接種券の台紙に付いています。ワクチン接種後、接種情報を記入してご本人にお渡しします。

2.「新型コロナワクチン接種記録書」
医療従事者で、接種券付き予診票にて接種した人の証明になります。

 

予防接種済証明書について(特別な理由がある場合に発行)

以下の場合には、接種時に住民票のある市町村への申請により証明書を発行します。
医療機関での接種の記録の確認が必要な場合があり、接種から発行まで2か月から3か月程度かかることがあります。(無料)


・上記の接種記録書や予防接種済証(臨時)を紛失した場合

・和泉市が発行する公印入りの接種済証が必要な場合

注 海外渡航用のワクチンパスポートではありません

申請方法

以下の必要書類を沿えて、市担当まで送付してください。(郵送のみの受付)

(送付先)

〒594-8501 和泉市府中町二丁目7番5号

和泉市役所 新型コロナウイルス予防推進担当 あて

医療従事者の場合

・新型コロナワクチン接種記録書の写し

・身分証明書の写し(接種記録書の写しを紛失した場合のみ必要)

・返信用切手(定形封筒84円・定形外封筒120円)を貼付した返信用封筒

・接種済証明願兼証明書

医療従事者以外の場合

・身分証明書の写し(接種記録書の写しを紛失した場合のみ必要)

・返信用切手(定形封筒84円・定形外封筒120円)を貼付した返信用封筒

・接種済証明願兼証明書

このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページの内容はわかりやすかったですか
わかりにくかった理由は何ですか(複数回答可)
このページは見つけやすかったですか
探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)